プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 国民生活基礎調査の匿名データを分析 高い心理的ストレスを抱える人とがん検診受診率の関連性を明らかに

国民生活基礎調査の匿名データを分析 高い心理的ストレスを抱える人とがん検診受診率の関連性を明らかに

  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科精神神経病態学の藤原雅樹医員、稲垣正俊講師、山田了士教授ら、東北大学の中谷直樹准教授、国立がん研究センターの藤森麻衣子室長、内富庸介部門長らの研究グループは、国民生活基礎調査の匿名データを利用した分析を実施し、高い心理的ストレスを抱えた人は大腸・胃・肺がん検診の受診率が低いことを明らかにしました。
 高い心理的ストレスは、長期的にみるとさまざまな病気による死亡率の上昇につながります。また、がん死亡率の上昇にも関連することが知られており、健康格差をもたらす要因の一つとして大きな問題となっています。がん検診は疾病予防にとって重要ですが、わが国では心理的ストレスとがん検診受診の関連は不明のままでした。
 本調査は、重度の心理的ストレスを抱える人は、そうではない人と比べて、過去1年間の大腸・胃・肺がん検診受診率が有意に低いことを明らかにしました。本研究成果は10月27日米国東部時間午前0時(日本時間27日午後2時)、米国がん協会誌「Cancer」に掲載されます。
 国民が疾病予防の機会を平等に享受するためには、高い心理的ストレスを抱える人に対するがん検診受診の勧奨、受診支援等を含めた対策が重要です。

<論文情報等>論文名: Association between serious psychological distress and non-participation in cancer screening, and the modifying effect of socioeconomic status: analysis of anonymized data from a national cross-sectional survey in Japan掲載誌: Cancer  (http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1002/(ISSN)1097-0142)DOI: 10.1002/cncr.31086著者: Masaki Fujiwara, Masatoshi Inagaki, Naoki Nakaya, Maiko Fujimori, Yuji Higuchi, Kyoko Kakeda, Yosuke Uchitomi, Norihito Yamada URL:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/cncr.31086/full

<詳しい研究内容について>
国民生活基礎調査の匿名データを分析 高い心理的ストレスを抱える人とがん検診受診率の関連性を明らかに


<お問い合わせ>
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
精神神経病態学教室
藤原 雅樹
(電話番号)086-235-7242
(FAX番号)086-235-7246