岡山大学保健管理センター

受動喫煙防止に関する資料とアンケート

タバコの害についての資料
近隣住民の皆さんからの喫煙に関する苦情
岡山大学職員・学生喫煙率
岡山大学における受動喫煙に関するアンケート結果
「岡山大学喫煙対策基本指針・宣言・基本方針」


  

 

【注意喚起】(H27/10/29)
 『敷地外での喫煙について』

近隣住民の皆さんから,敷地外の喫煙に関して多くの苦情がよせられています(通行人,通学中の子どもたちがタバコの煙を吸うことになる。道路上や排水溝に吸い殻のポイ捨てをなぜするのか?等。
大学敷地内全面禁煙の徹底、およびこれに派生した様々なトラブルについて、喫煙者のみならず、非喫煙者を含めた大学構成員全員が真摯に考えていく必要があります。喫煙は自身の健康のみならず、受動喫煙として他者への健康被害にもつながります。禁煙したい人は保健管理センターへ。

岡山大学津島地区安全衛生委員会


【注意喚起】(H26/3/12)
 『4月1日からキャンパス内禁煙開始です!』 
新学期が近づいてまいりました。
みなさまもご周知いただいておりますようにH26年4月1日から岡山大学は「全キャンパスで敷地内全面禁煙」がはじまります。
H24年度の本学男子学生の喫煙率は5%程度で、新入生は1%以下ですが学年が上がるにつれて喫煙率は上昇、つまり大学に入って喫煙を覚えているという結果です(下記グラフ参照)。
タバコは4,000種類以上の化学物質、60種類の発がん物質を含んでおり、全身のがんをはじめ、肺や心臓、脳血管疾患など様々な病気の一因となります。
喫煙をしている学生に尋ねると半数以上の学生がタバコをやめたいと思っているようです(下記グラフ参照)。しかし、はじめは気軽に吸い始めたのかもしれませんが、タバコには依存性があるため、一旦吸い始めるとなかなかやめられません。
大学全体で協力し、タバコを吸うことを覚えないようにできればと思います。
また、すでにタバコを吸っている方に対して保健管理センターでは禁煙外来を行っております。禁煙したいと思っているけれどもなかなかやめられないという方がおられましたら、保健管理センター禁煙外来を受診してください(下記に外来案内あり)。



禁煙相談

現在,一定の条件を満たせば,健康保険を使って,病院で禁煙治療が行えます。
健康保険による治療が行える医療機関は下記ホームページにて確認できます。  
    岡山県内の禁煙治療に健康保険が使える医療機関
    http://www.eonet.ne.jp/~tobaccofree/hoken/okayama.htm
禁煙治療に関するご質問・ご相談は保健管理センターまでお気軽にお越しください。
 ★津島地区禁煙相談外来
 火曜日   9:00〜12:30 
 水曜日  9:00〜12:30
 金曜日(第2,4,5) 13:00〜16:30
相談外来の時間は変更のこともありますので電話で問い合わせてください。
 TEL(086)251-7217
 ★鹿田地区禁煙相談外来
 月曜日  16:00〜17:00 
 水曜日 16:00〜17:00
 金曜日 16:00〜17:00
相談外来の時間は変更のこともありますので電話で問い合わせてください。
 TEL(086)235-7487   
       禁煙治療関連ホームページ
         ファイザー製薬(株)   
         http://sugu-kinen.jp/
         ノバルティスファーマ(株)
         http://www.e-kinen.jp/hospital_index/index.html
 

 そろそろ止めてみませんか?     

 



 ニコチン依存症のおくすり

               病院で処方されます        病院処方&薬局で買えます


 病院での禁煙治療のスケジュール

 健康保険等を使った禁煙治療では,通常12週間で5回の診察を受けます。
 

 初回診察時に喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。
 各診察時に,呼気一酸化炭素濃度測定や禁煙のアドバイスなどを受けます。


 健康保険による治療が受けられる条件
 


                                                     PAGETOP