岡山大学大学院保健学研究科看護学分野
臨床応用看護学領域
森恵子研究室

Contents

研究室

研究室紹介

岡山大学大学院保健学研究科臨床応用看護学領域(急性期領域)は、2020年4月に開講した、教授1名、助教1名の小さくて新しい研究室です。現在、博士後期課程の学生1名、博士前期課程の学生1名が在籍しており、2022年4月には、さらに博士後期過程の学生が2名メンバーとして加わります。コロナ禍、オンラインでの授業やゼミが可能となり、西日本圏内だけでなく、遠方からも修学が可能となっています。
当研究室では、クリティカルケア領域、急性期看護領域、周術期看護領域、がん看護領域等において、今後社会から求められるニーズの変化に応えられるよう、幅広い観点から研究を行っています。研究テーマとしては、クリティカルケア領域および救命救急領域における看護、周手術期看護、がん看護、移植看護、災害看護、看護教育をはじめとした様々な研究に取り組んでいます。
これらの領域の看護、研究について興味をお持ちの方、ぜひ一緒にがんばりましょう。

PAGE TOP