ニュース

ホーム > ニュース > 岡山経済同友会と連携協定 研究振興、人材育成で協力

岡山経済同友会と連携協定 研究振興、人材育成で協力

 本学と岡山経済同友会は4月24日、研究振興や人材育成を目的とした連携・協力に関する協定を結びました。今後、産学の共同研究や研究者の相互交流などを進めていきます。
 本学と同友会は昨年度、文部科学省事業「大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業(イノベーション対話促進プログラム)」を連携して事業を運用。研究や産学連携の具体的な技術、ノウハウのマッチングの対話などをしてきました。本事業終了後も、引き続き密な連携を維持し、協定をもとに地元企業との共同研究などを通して、地域をリードする新産業を生み出します。
 本学と同友会会員で構成するメーリングリストを作成。文部科学省など国から得た情報を共有することで、大学と地元企業とのネットワークを増強します。本学が開催するワークショップ、研修会などの告知も発信します。
 岡山市内で調印式が開かれ、森田潔学長、同友会の泉史博(中国銀行会長)、萩原邦章(萩原工業社長)両代表幹事が協定書に署名しました。森田学長は「これまでも同友会とは連携を進めてきたが、協定によりさらに強固にしたい。経済界の皆さんとともに、岡山の発展に尽くしたい」とあいさつ。泉、萩原両代表幹事は「技術立国日本を岡山から発信していきたい」「大学の研究・教育において、多様性、国際化の実学の場として企業が役立てれば」などと述べました。
 本学は昨年8月、文部科学省の「研究大学強化促進事業」の支援対象大学(国内19大学)に採択されました。


【本件問い合わせ先】
岡山大学リサーチ・アドミニストレーター(URA)執務室
TEL:086-251-8918

(14.04.24)



握手を交わす(左から)萩原代表幹事、森田学長、泉代表幹事


協定書に署名する森田学長(左)