プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 定例記者発表(9月)開催

定例記者発表(9月)開催

 本学は9月28日、教育・研究・医療の成果や社会貢献の取り組みなどをお知らせする定例記者発表を行いました。
 今回のお知らせ事項は下記のとおりです。

【資料提供】

  1. 体内時計が血液脳関門の維持に重要であることを発見
  2. インフルエンザ治療薬の開発をリードするスルホシアル酸誘導体の合成に成功
  3. 膵臓・胆管がん患者の唾液中に特有のmicroRNAを発見~唾液検査による膵臓・胆管がん早期発見の可能性~
  4. 敗血症の新規病態メカニズムに基づく治療薬開発へ
    AMED「産学連携医療イノベーション創出プログラム」に採択
  5. スーパーグローバルホームカミングデイ2017を開催
  6. 「気になる妊産婦」支援のためのシンポジウム開催
    岡山発のシステムから課題解決へ
    「虐待とメンタルヘルス」の視点で支援体制強化
  7. レジ袋から人工網膜まで、暮らしを支える高分子材料
    第63回岡山大サイエンスカフェを開催
  8. 研究の魅力や将来の夢を熱く語る
    「保健学研究科オープンフォーラム」の開催
  9. MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017」でナノ材料技術・IoT関連セキュリティ技術を発信
  10. 最先端のバイオ関連研究成果をBio Japan2017で発信

詳しい記者発表の資料についてはこちらをご覧ください。

【本件問い合わせ先】
広報・情報戦略室
(電話)086-251-7292