センター長からのあいさつ

ホーム > 支援センター紹介 > センター長からのあいさつ

トピックス
支援センター紹介
各部門案内
ご利用案内
各部門へのリンク
その他のリンク

センター長からのあいさつ

自然生命科学研究支援センター
センター長

竹内 大二

 岡山大学自然生命科学研究支援センターは、生命科学をはじめとする自然科学領域の教育・研究の高度化、学際領域の融合、先端研究の推進、社会との連携等の進展などに対応した支援体制を強化し、本学における教育研究の一層の進展に資することを目的として、平成15年4月、それまで学内に分散していた各研究支援施設を統合して設置されました。
 当センターには、光・放射線情報解析部門、動物資源部門、ゲノム・プロテオーム解析部門、分析計測・極低温部門の4部門があり、研究領域を超えた長期的視点による一元的な運営及び多面的な教育研究支援業務を行っています。特に、自然生命科学分野の研究において必要となるアイソトープ実験、動物実験、組換えDNA実験においては、コンプライアンスが強く求められておりますが、当センターはこれらに適切に対応するための管理体制を構築し、コンプライアンスの徹底に努めています。また、これまで学内研究者への研究支援を主に行ってきましたが、機器の共同利用化を一層推進するとともに、学外へのサービスもより積極的に展開していきたいと考えています。今後とも一層のご協力とご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。