社会連携・国際交流

ホーム > 社会連携・国際交流 > その他

2021年1月21日に吉林大学との交流会が開催されました。

岡山大学法学部と中国吉林大学法学部の間でオンラインによる「中国会社法改正の要旨」をテーマとする国際学術交流シンポジウムが開催されました。
本シンポジウムでは、吉林大学法学院傳穹教授の参加を得て、吉林大学法学院2人の博士によるZOOMを通じた講演が行われました。
最初は、陳洪磊博士の「ビジネス判断原則の中国の実践と表現」と題した報告で、これに対して本学大学院生、オンラインによる参加の弁護士、元岡山大学大学院生からは熱心に活発な議論が交わされ、陳博士からはそれらの質問に対して専門的な回答がなされました。
続いて、呉克博士が「企業コンプライアンスシステムの中国の検証」について講演され、この実例分析を通じた発表は、米国ナーミテクノロジー株式会社マネージャー及びこれから企業への就職を目指す学生にとって、非常に参考となるアドバイスとなりました。
この国際学術交流シンポジウムに参加した学生にとっては大きな財産となったことでしょう。
コロナウイルスの感染が早期に終わり、中国と日本の国際的な学術交流が継続的に強化されることを願ってシンポジウムは終了しました。

画像1 画像2

2020年12月17日に吉林大学との交流会が開催されました。

吉林大学との交流協定締結以降、岡山大学法学部では、中国現地に学生を派遣して国際交流を実施してきましたが、今年は、新型コロナ感染症拡大により海外大学との直接的な交流が難しいため、2020年12月17日、それぞれの大学の教室に集まった教員・学生をオンラインで結ぶことで交流を実施しました。本学学生20名と吉林大学の14名を合わせて、34名が参加しました。
今回の交流会では、吉林大学法学院の傅 穹(Fu Qiong)教授に「上場会社における虚偽陳述に関する株主責任の実証研究」と題して講演頂いた後、参加者によるディスカッションを通じて、近年中国において新しく改正された会社法や証券法の理解を深めることができました。学生からの質問に対しては一つ一つに丁寧な説明があり、学生たちには大きな収穫となりました。大変有意義な交流会となり、今後の国際交流にも繋がっていくものと思われます。皆様のご尽力に感謝致します。

画像1

画像2 画像3 画像4

岡山大学法学部と国立彰化師範大学(台湾)との交流会(合同ゼミ)が開催されました。

2019年7月4日に、国立彰化師範大学(台湾)より、魏 培軒 助理教授引率のもと、4名の学生が岡山大学法学部に来校され(黄建銘教授も随行)、岡山大学法学部憲法ゼミ(山田哲史准教授担当)と交流会(合同ゼミ)を開催しました。

第1セッション:「日本におけるGPS捜査規制」(主報告:山田ゼミ)
第2セッション:「台湾における同性婚の法制化」(主報告:魏ゼミ)

画像1

画像2 画像3 画像4