岡山大学 法学部

UNIV. TOP
LANGUAGE
ENGLISH
MENU

「法曹コース」について

岡山大学法学部は、2020年4月に中四国地域で初めて「法曹コース」(本学では「法曹プログラム」と呼びます)を設置しました。これは、大学を3年間で早期卒業して、ロースクール(法科大学院)の2年間の既修者コースへ進学し、在学中に司法試験を受験することで、従来よりも2~3年早く法曹として活躍できるという、画期的な制度です。

 岡山大学法学部の法曹プログラムは、2年次から始まります。法曹プログラムに所属した学生は、学部の授業に加えて、法科大学院の教員によるハイレベルな授業を前倒しで受けます。また、若手弁護士や司法試験合格者による学修サポートも受けられます。そして、所定の成績を収めれば、岡山大学法科大学院の入学試験において、筆記試験が免除されます。2021年度には、4名が早期卒業し、本学の法科大学院に進学しました。

 現在、法曹プログラムには、50名(17名の3年生と33名の2年生)が所属し、法曹になるという共通の目標に向かって切磋琢磨しています。

法曹プログラムコース図