学部案内

ホーム > 学部案内 > 研究業績 > 小塚 真啓

研究業績

法学部准教授
小塚 真啓 こづか まさひろ

研究内容

【著書】
  1. 小塚真啓『税法上の配当概念の展開と課題』(成文堂,2016年3月)
【論文】
  1. 小塚真啓「組織再編税制の濫用規制のゆくえ‐濫用防止ルールの是非を中心に‐」税法学578号55頁(2017年)
  2. 小塚真啓「家族の所得と租税」金子宏(監修)『現代租税法講座 第2巻 家族・社会』(日本評論社、2017年)37頁
  3. 小塚真啓「組織再編成における課税関係の継続と断絶」岡法65巻3・4号949頁(2016年)
  4. 小塚真啓「『租税回避』防止立法としての法人税法23条3項」岡村忠生編著『租税回避研究の展開と課題』(ミネルヴァ書房,2015年)
  5. 小塚真啓「非正常配当の否認可能性についての一考察」岡法64巻3・4号568頁(2015年)
【その他】
(判例評釈)
  1. 小塚真啓「法人税法132条の2の不当性要件の意義とその判断枠組み――ヤフー事件」ジュリスト1505号214頁(2017年)
  2. 小塚真啓「判例紹介 地方税法三四三条二項後段の「現に所有している者」[最高裁第二小法廷平成27.7.17判決]」民商151巻6号564頁
  3. 小塚真啓「租税判例速報 源泉所得税不納付犯の処罰事例[仙台高裁平成27.1.20判決]」ジュイリ1483号10頁(2015年)
  4. 小塚真啓「連結欠損金額」税研30巻4号122頁(2014年)
  5. 小塚真啓「法人税法施行令121条1項1号のヘッジ取引の有効性の判定方法―アリコジャパン事件」ジュリ1466号212頁(2014年)
  6. 小塚真啓「譲渡所得の意義」水野忠恒ほか編著『租税判例百選〔第5版〕』(有斐閣,2011年)74頁
  7. 小塚真啓「輸出取引にかかる収益の計上時期」水野忠恒ほか編著『租税判例百選〔第5版〕』(有斐閣,2011年)120頁
(その他)
  1. 小塚真啓「日本版スピンオフ税制の課題」租税研究812号190頁(2017年)
  2. 小塚真啓「役員退職給与-改正の影響及び今後の課題」税研33巻3号68頁(2017年)
  3. 小塚真啓「税法上の配当概念の過去・現在・未来」租税研究800号370頁
  4. 小塚真啓「日本税法学会第106回大会・総会」税研32巻3号88頁
  5. ルース・メイソン(小塚真啓訳)「シティズンシップ課税」岡法66巻2号658頁
  6. 小塚真啓「債務免除益の法的・経済的性質と所得分類」租税研究795号74頁(2016年)
  7. 小塚真啓「家族の所得と租税 : 個人単位での所得の把握か,それとも家族単位か」租税研究793号80頁(2015年)
  8. 小塚真啓「法人所得課税の規範的再構成:ゲーム理論による分析を手がかりに」岡法63巻2号293頁(2013年)
  9. 小塚真啓「公社債等及び株式等に係る所得に対する個人所得課税の改正を検討 税制改正大綱を評価する : 税法学の視点から」税研29巻1号61頁(2013年)

学会報告

研究環境の整備

学会役員

日本税法学会研究委員

その他