岡山大学 法学部

UNIV. TOP
LANGUAGE
ENGLISH
MENU

岡山大学法学会について

岡山大学法学会は、主として教員と学生を会員とし、法律学・政治学に関する学術研究および教育を支援し、その発展に資することを目的としています。
(詳しくは会則をご参照ください。)
現在、以下の諸活動を行っています。


  • 法学会雑誌の発行
    主に教員の研究成果を掲載したもので、年四回発行し、会員に配付しています。本雑誌には、しばしば講義の際に用いられる論文、資料等も掲載されます。
    岡山大学法学会雑誌のページへ
  • 法学会講演会の開催
    国内外の有識者、実務家等を招いて、年に数回開催しています。
    法学会講演会のページへ
  • 書籍、データベース等の整備への支援
    法律学・政治学の書籍、判例や論文、新聞のデータベース等の整備のための支出をしています。
  • 岡山大学法学部新入生歓迎会の開催
    令和4年度の新入生歓迎会の様子はこちらから
  • 岡山大学法学部長賞の授与
    法学部長賞授与式の様子はこちらから
  • 出版助成
  • 岡山大学の法学部、法科大学院の教員の研究成果物である学術書の出版助成を行っています。これまでの助成対象書籍は、学術出版賞を受賞するなど、いずれも高い評価を得ており、日本の法学・政治学の発展に寄与しています。

    最近5年間(2017年4月~2022年3月)の出版助成実績

    著者
    (出版時の職位)
    書名 出版社ウェブサイト 出版社 出版
    年月
    受賞
    土岐将仁
    (岡山大学准教授)
    法人格を越えた労働法規制の可能性と限界 ― 個別的労働関係を対象とした日独米比較法研究 有斐閣 2020年
    3月
    商事法務研究会賞、労働関係図書優秀賞
    朴志善
    (岡山大学助教)
    立法前協議の比較政治
    ― 与党内不一致と日韓の制度 ―
    木鐸社 2021年
    10月