岡山大学 法学部

UNIV. TOP
LANGUAGE
ENGLISH
MENU

法学部長賞

岡山大学法学部長賞

第7回 岡山大学法学部長賞 表彰式

2023年10月23日(月)、第7回岡山大学法学部長賞(2023年度上半期)の表彰式を執り行いました。受賞者は下記の通りです。

大森優月(法学部4年生)法友会代表
和田涼花(法学部3年生)SDGs活動を通じた社会貢献
澁谷香澄(法学部3年生)TFT活動を通じた途上国支援
福本唯央那(法学部3年生)令和5年安来節全国優勝大会、一般・準師範・絃の部優勝

皆さん、このたびは法学部長賞の受賞、おめでとうございます!

大森さん(愛媛県立松山東高校卒)は、法学部の公認サークル、法友会の代表として多数のメンバーをまとめて日々の学生の勉学をサポートしていただきました。また、地元中高生への法教育活動やジュニア・ロースクール、金沢大学との交流会などのイベントをリードしていただきました。

和田さん(兵庫県立姫路東高校卒)は、SDGsアンバサダーとして、学生発案講義を企画・実施されました。また、途上国への食糧支援であるTFT(Table for Two)活動の一環として地元企業と協力したメニュー作りなどで活動を牽引しました。

澁谷さん(滋賀県立守山高校卒)は、本学のTFT活動全般を統括・運営し、多くの学生をまとめて積極的に活動を推進しました。また、本学SDGsアンバサダーとして、地域の高校生に向けても、活動の重要性を広報するなど地域にも大いに貢献されました。

福本さん(鳥取県立米子東高校卒)は、小さい頃から安木節の三味線を練習し、このたび全国大会で見事優勝を成し遂げました。本学邦楽部でも活躍する傍ら、地元老人ホームなどでの慰問演奏など多数のイベントに出演され、地域に貢献してこられました。

皆さん、これからのますますのご活躍を大いに期待しております。

なお、岡山大学法学部では、これからも、半年単位での表彰を考えております。また、次回の公募(自薦/教員推薦)もご案内しますので、奮ってご応募ください。

全員写真

2 3

4 5

第6回 岡山大学法学部長賞 表彰式

第6回岡山大学法学部長賞(2022年度下半期)の表彰式を執り行いました。
受賞者は下記の通りです。

穐田香那(法学部4年生)ひとり親支援団体「いとでんわ」を通じた活動
香川真生(法学部4年生)「OKAYAMA STARTUP AWARD 2022」学生の部グランプリ
中島美月(法学部4年生)岡山県県民広報課長表彰(犯罪被害者支援活動)
平岡万由子(法学部4年生)NPO法人「チャリティーサンタ」を通じた活動
西 椋生(法学部3年生)準硬式野球部における優秀な実績
石田朗穂(法学部3年生)丸亀市観光親善大使としての地域貢献
大賀 周(法学部3年生)法案作成「エキサイティング・ロウゴ・プロジェクト」最優秀賞
大林建哉(法学部3年生)        〃
鶴岡里菜(法学部3年生)法曹プログラム成績優秀者

皆さん、このたびは法学部長賞の受賞、おめでとうございます!

穐田さん(徳島県立富岡東高校卒)は、弁護士や司法書士の方々と一緒にひとり親家族をサポートし地域に貢献されました。特に子どもたちのケアを中心に学習支援を継続的に実施する等の活動をされました。

香川さん(香川県立丸亀高校卒)は、若手起業家を目指す学生を対象にしたビジネスプランコンテストでグランプリを受賞されました。特にヤングケアラーとしての経験をもとにした「子どもの支援体制についてのビジネスプラン」が高く評価されました。

中島さん(京都府立北桑田高校卒)は、犯罪被害者支援である「ホンデリング~本で広がる支援の輪~」の活動に尽力されました。書籍の寄附を募り支援に役立てるこの活動が岡山県県警から高く評価されました。

平岡さん(済美高校卒)は、種々の困難を抱えるご家庭を支援する活動に従事しました。特に、岡山支部団体が主催する絵本や児童書の寄付を通じた「ブックサンタ」の運営に携わりました。

西さん(和歌山県立向陽高校卒)は、準硬式野球部に所属し、主将としてチームをまとめ好成績を収めるとともに、素晴らしい個人成績を収めました。全日本や西日本の選抜メンバーにも選ばれ活躍されました。

石田さん(尽誠学園高校卒)は、丸亀市の第12代観光親善大使として、地域活性化のために大いに活躍されています。「丸亀お城まつり」や伝統行事「時太鼓」、「赤い羽根共同募金」のセレモニーなど種々のイベントを通じて市の広報に尽力されました。

大賀さん(岡山県立玉野光南高校卒)と大林さん(滋賀県立石山高校卒)は、労働法ゼミに所属し、国立大学6校が参加する法案作成コンテスト(長期積立投資を日本に根付かせるための法案)で、最優秀賞を受賞されました。この提案につき国会議員の前でプレゼンを行い、議論を深めました。

鶴岡さん(香川県立丸亀高校)は、「法曹コース」の2期生として、優秀な成績を収められ、見事に早期卒業を達成されました。学年で1名のみの快挙です。これから本学ロースクールに進学され法曹の道を目指されます。

皆さん、これからのますますのご活躍を大いに期待しております。

なお、岡山大学法学部では、これからも、半年単位での表彰を考えております。また、次回の公募(自薦/教員推薦)もご案内しますので、奮ってご応募ください。

全員写真
撮影時のみマスクを外しています。

2 3 4

5 6 7

8 9

第5回 岡山大学法学部長賞 表彰式

第5回岡山大学法学部長賞(2022年度上半期)の表彰式を執り行いました。
受賞者は下記の通りです。

松冨由奈 (法学部4年生)ディベート活動を通じた社会貢献
実石礼子 (法学部4年生)岡山県韓国語スピーチ大会銀賞
清原和昭 (法学部4年生)法友会代表
中越健太 (法学部4年生)法友会の法教育活動
渡邊紗千 (法学部3年生)倉敷小町としての地域貢献

皆さん、このたびは法学部長賞の受賞、おめでとうございます!

松冨さん(岡山大安寺中等教育学校卒)は、高校時代から熱心に打ち込んだディベートの経験を活かし大学で「岡山大学ディベート同好会」を立ち上げて、数々の大会で輝かしい成績を収められました。また、後進の育成のため、ディベート連盟中国・四国支部の大会運営にも積極的に貢献されました。

実石さん(岡山朝日高校卒)は、大学入学後から韓国語の勉強を始め4年間地道に研鑽を積んでこられました。韓国への留学先が決まっていたにもかかわらずコロナ禍でその夢が断たれましたが、それにめげずオンラインでの韓国大学留学を3回も経験されました。それらの努力が実り、今回の栄誉に繋がりました。

清原さん(京都府立城南菱創高校卒)は、法学部公認サークル「法友会」の代表として、法教育活動や金沢大学との交流をはじめ法学部生の勉学・課外活動を支える上で大いに貢献されました。

中越さん(土佐高校卒)は、「法友会」の中心的な活動の1つである法教育において、実質的なリーダーシップを発揮され、独自のテキストを考案するなど大いに貢献されました。

渡邊さん(岡山県立倉敷南高校卒)は、倉敷市の観光大使である「第39代倉敷小町」として、倉敷警察署や、JR西日本、岡山県のキャンペーン等への参加を通じて倉敷市のPRに大いに貢献されました。

皆さん、これからのますますのご活躍を大いに期待しております。

なお、岡山大学法学部では、これからも、半年単位での表彰を考えております。また、次回の公募(自薦/教員推薦)もご案内しますので、奮ってご応募ください。

全員写真
撮影時のみマスクを外しています。

2 3 4

5 6

第4回 岡山大学法学部長賞 表彰式

第4回岡山大学法学部長賞(2021年度下半期)の表彰式を執り行いました。受賞者は下記の通りです。

内海早稀 (法学部4年生) 陸上部での競技活動
森田陽果莉(法学部4年生) 犯罪被害者支援等の活動
石谷愛理 (法学部3年生) 法曹プログラム成績優秀者

皆さん、このたびは法学部長賞の受賞、おめでとうございます!

内海さんは、学生生活4年間を通じ、大学から始めた陸上競技部で、特に、1万メートル競走で数々の輝かしい記録を残されました。(中四国学生陸上競技選手権大会の女子10000m競走で第2位(1年次)、同大会第3位(2年次)、同大会第2位(3年次)。岡山学生陸上競技選手権大会の女子5000m競走で第1位(4年次)。)

森田さんは、犯罪被害者支援に関する県の学生団体「あした彩」と岡大の「smile」で副代表としてシンポジウムやフォーラムの開催など幅広く活動されました。特に、団体のテーマソングの創作・演奏を手掛け、岡山県警から感謝状も授与されました。

石谷さんは、2020年度に中四国で初めて本学に設置された「法曹コース」の1期生として、優秀な成績を収められ、見事に早期卒業を達成されました。これから本学ロースクールに進学され法曹の道を目指されます。

皆さん、これからのますますのご活躍を大いに期待しております。

なお、岡山大学法学部では、これからも、半年単位での表彰を考えております。また、次回の公募(自薦/教員推薦)もご案内しますので、奮ってご応募ください。

全員写真
撮影時のみマスクを外しています。

2 3 4

第3回 岡山大学法学部長賞 表彰式

第3回岡山大学法学部長賞(2021年度上半期)の表彰式を執り行いました。受賞者は下記の通りです。

柴紀香さん(法学部2年生)NPO法人だっぴを通じた地域貢献
北川咲玲(法学部4年生)子ども虐待防止オレンジリボン活動
園田慎(法学部4年生)法友会代表

皆さん、このたびは法学部長賞の受賞、おめでとうございます!

柴さんは、地元岡山のNPO法人「だっぴ」の活動を通じて、大人と学校の子供たちのコミュニケーションの場を数多く提供しました。また、総社市生活困窮課が主催する学習支援活動「ワンステップ」にも参加し、地域に貢献されました。

北川さんは、子ども虐待のない社会の実現を目指す「オレンジリボン活動」を結成し、代表として活躍されました。また、本学のSDGsアンバサダーとして、ジェンダーに関する諸課題を解決するための団体「めろでぃー」で活動を行うなど幅広く活躍されました。

園田君は、岡山大学法学部の公認サークル「法友会」の代表として、法教育活動を中心に地域に貢献されました。今年6月には、その活動が消費者庁から認められ、内閣総理大臣表彰も受けました。

皆さん、これからのますますのご活躍を大いに期待しております。

なお、岡山大学法学部では、これからも、半年単位での表彰を考えております。また、次回の公募(自薦/教員推薦)もご案内しますので、奮ってご応募ください。

全員写真
撮影時のみマスクを外しています。

2 3 4

第2回 岡山大学法学部長賞 表彰式

第2回岡山大学法学部長賞(2020年度下半期)の表彰式を執り行いました。受賞者は下記の通りです。

河原菜摘(まちづくりを通じた地域貢献活動)
宮本あゆは(岡大SDGsアンバサダーとしての活動)
北風あみ(TFT活動を通じた途上国支援)

このたびは、法学部長賞受賞、おめでとうございます!上記の皆さんは、法学部生としてこれまで教育や社会貢献において、大いにご活躍されました(し現在も活躍されています)。これからのますますのご活躍を大いに期待しております。

なお、岡山大学法学部では、これからも、半年単位での表彰を考えております。また、次回の公募(自薦/教員推薦)もご案内しますので、奮ってご応募ください。

全員写真
撮影時のみマスクを外しています。

1 2 3

第1回 岡山大学法学部長賞 表彰式

第1回岡山大学法学部長賞(2020年度上半期)の表彰式を執り行いました。
記念すべき第1回の受賞者は下記の通りです。

上田彩夏(犯罪被害者支援等の活動)
大室咲月(L-caféでの留学生支援)
岡部紅里(法友会代表)
新井颯真(キャンパス案内動画の作成)
越智悠葵(      〃     )
長尾龍希(      〃     )

このたびは、法学部長賞受賞、おめでとうございます!上記の皆さんは、法学部生としてこれまで教育や社会貢献において、大いにご活躍されました(し現在も活躍されています)。これからのますますのご活躍を大いに期待しております。

なお、岡山大学法学部では、これからも、半年単位での表彰を考えております。また、次回の公募(自薦/教員推薦)もご案内しますので、奮ってご応募ください。

全員写真
撮影時のみマスクを外しています。

1 2 6

1 2 6