教育研究連携

ホーム > 教育研究連携 > 学習制度の紹介(社会人向け) > 正規学生制度の解説

正規学生制度の解説

 岡山大学には、社会人の方が働きながら学ぶことができるよう夜間において授業や研究を行う学部(夜間主コース)があります。
 社会人の方の入学者の選抜については、「一般入試」とは異なる、小論文や面接を中心に経験や勉学意欲をみることに主眼をおいた「社会人特別入試」制度があります。
 また、社会人の方のための入学制度として、大学や短期大学、高等専門学校卒業者や大学に在学し一定の要件を満たした方などが、学部3年次等へ入学する「編入学」制度があります。

 大学院においては、夜間大学院のほか、フルタイムでの修学が困難な職業人などを対象に、夜間その他の特定の時間又は時期において、授業や研究指導を行う「昼夜開講制度(大学院設置基準第14条の特例の適用による)」や職業を有しているなどの事情により、修業年限を超えて一定の期間にわたり、計画的に教育課程を履修することができる「長期履修制度」があります。
 また、専門職としてキャリアアップをしたい方のために、岡山大学には専門職大学院として、法科大学院(法務研究科)と教職大学院(教育学研究科教育実践専攻)があります。

H27年度現在


学部(昼間の課程) 検定料 17,000円 入学料 282,000円 授業料(年額) 535,800円
学部(夜間の課程) 検定料 10,000円 入学料 141,000円 授業料(年額) 267,900円
大学院 法務研究科 検定料 30,000円 入学料 282,000円 授業料(年額) 804,000円
その他の研究科 検定料 30,000円 入学料 282,000円 授業料(年額) 535,800円
専攻科 検定料 16,500円 入学料 58,400円 授業料(年額) 273,900円
別 科 検定料 8,300円 入学料 58,400円 授業料(年額) 273,900円

注)学部への編入学に係る検定料の額は,上記にかかわらず30,000円
(主として夜間において授業を行うコースにあっては18,000円)となります。

該当する部局はこちら

選抜方法

一般入試
社会人特別入試 → 小論文・面接等

特徴

学位取得