山陽圏フィールド科学センター

ホーム > 山陽圏フィールド科学センター > センターの概要

センターの概要

農学教育の基礎的および専門的段階における実習教育を担うため制度化されている農学部附属の教育研究施設です。農学の教育・研究はもちろんのこと,公開講座や生産物販売などの地域貢献も含め,様々なステージで農学の新たな可能性を考えています。

 岡山県内に岡山農場,八浜農場,津高牧場と総面積49.4haに及ぶ広大な敷地を設け,大規模に実際的運営が行われている生産現場で,作物栽培と家畜飼養の基礎と専門を修得させることを目的としています。研究面では,自然の栽培条件下での実験を必要とする試験研究-フィールド科学-に広く活用されています。センター入り口
 大学公開の一環としては,「センター公開講座」と児童の食農教育のための「ジュニア公開講座」などを実施し,市民との接点として生産物の直売を行い,また農家を交えた技術交流会や各種研修にも活用されています.センターの農場