山陽圏フィールド科学センター

ホーム > 山陽圏フィールド科学センター > 共同利用実習

共同利用実習

共同利用実習

 山陽圏フィールド科学センターでは,「くだもの王国おかやま」,「おかやま有機無農薬農産物」の特長を生かして,幅広い分野で研究している他大学等の学生および教員に,基本的実習教育として,「食」-「農」-「健康」のつながりを明確に意識することが可能となるような実習プログラムを提供していますので,是非ご利用いただきますようご案内いたします。
 共同利用に際しては,事前にセンター主事(共同利用実習担当)まで電話(086-251-8392)でお問い合わせ下さい。経費負担や単位認定,学生傷害保険等につき,綿密な打合せを要します。

共同利用実習申込書

共同利用実習実績

1.「晴れの国岡山」農場体験実習(中国四国地域国公立大学連携フィールド演習開講科目, コンソーシアム岡山開講科目)
  中国四国地域大学生20名,コンソーシアム岡山参加大学生15名,合計35名を対象に,9月下旬に2泊3日で,岡山農場・津高牧場において果菜類定植,果樹管理・収穫,牧場管理の実習,講義,講演を行います。

2.牧場実習(中国四国地域国公立大学連携フィールド演習開講科目)
  中国四国地域大学生20名(岡山大学学生15名他)を対象に,9月上旬に津高牧場に宿泊し(4泊5日),和牛の繁殖経営,飼養管理,草地管理の専門的実習,講義,講演を行います。

3.くらしき作陽大学食文化学部(1年生ガイダンス科目)
  8月上旬の2日間,同学部1年次生(95名)を2日に分けて,モモ・ブドウの講義,栽培実習,野菜の播種実習,野菜栽培に関する講義,モモ・ブドウの試食会を行います。

4.中国学園大学現代生活学部人間栄養学科1年次生
  8月上旬の1日間,同学科1年次生55名を対象に,モモ・ブドウの講義,栽培実習,野菜の播種実習,野菜栽培に関する講義,モモ・ブドウの試食会を行います.

5.岡山理科大学生物地球学部生物地球学科1~3年次生
 農場実習(10名,前期金曜午後8回),野外調査法実習Ⅰ(18名,後期午後1回),野外調査法実習Ⅱ(13名,後期午後2回)を岡山理科大学教員と岡山農場で行います。

共同利用実習の様子

「晴れの国岡山」農場体験実習(中国四国地域大学連携フィールド演習)

ブドウの収穫 ブドウの箱詰め

ブドウの収穫                         ブドウの箱詰め

共同利用実習(中国学園大学)

モモの説明 清水白桃の栽培実習

モモの説明                          清水白桃の栽培実習

ブドウの整枝 柑橘類の説明 

ブドウの整枝                         柑橘類の説明

ニンジンの播種 肥料についての説明

ニンジンの播種                        肥料についての説明

トマトの定植 清水白桃とデラウェアの試食

トマトの定植                         清水白桃とデラウェアの試食

美 味 し い ! 帰   学

美 味 し い !                      帰   学

牧場実習(中国四国地域大学連携フィールド演習)

直腸検査実習に興味津々 牛って奥深い!

直腸検査実習に興味津々                   牛って奥深い!

高知大学桜井先生による和牛の審査 和牛の審査項目復習

高知大学桜井先生による和牛の審査               和牛の審査項目復習

和牛の実地審査 牧場実習といっても座学もあります

和牛の実地審査                   牧場実習といっても座学もあります

牧場実習を終えて皆で記念に!

牧場実習を終えて皆で記念に!