English

 HOME > ご挨拶




ナノバイオ標的医療イノベーションセンター長
公文 裕巳

 ICONTは、文部科学省・平成18年度科学技術振興調整費「先端融合領域イノベーション創出拠点の形成」プログラムに、岡山大学が提案した「ナノバイオ標的医療の融合的創出拠点の形成」事業が採択されたことを受けて産学連携学内特区として設立されました。高齢化日本の喫緊の課題である『がん医療』を主たるターゲット領域と定め、これまで総計12社にのぼる民間企業と協働して、『革新的治療薬』、『新しい運搬システム(DDS)』、『先端標識技術(分子イメージング)』を融合して、『ヒトに優しい標的医療』の実現を目指して参りました。
 難治固形がん、特に進行がん、多発転移がん、再発がんは既存の療法では対処できず、新しい治療法が求められています。これら難治がんの治療には、@がん細胞の選択的細胞死とA抗がん免疫の活性化が「治療の鍵」とされており、ICONTの中心課題は、これら二つの機能を併せ持つ“がん治療遺伝子REIC(Reduced Expression in Immortalized Cells)”を用いる遺伝子医薬の臨床開発です。
 最初のREIC遺伝子医薬(Ad-CAG-REIC)については、基礎実験、前臨床試験を経て、平成23年1月より岡山大学病院で「前立腺がんに対する遺伝子治療臨床研究」を、ヒトへのはじめての投与(First-in-Man:FIM)試験として開始しました。26名の患者に対して実施され、安全性と有効性が確認され、創薬POC (Proof of Concept)が確立されました。現在は、有効性を10-100倍増強した第二世代Ad-SGE-REIC製剤を使用して、協働企業の桃太郎源株式会社が米国で、前立腺がんを対象に臨床治験を進めています。
 また、杏林製薬株式会社が、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の産学共同実用化開発事業(NexTEP)に平成26年に採択され、1年間の導入試験を経て、悪性胸膜中皮腫を対象に新薬申請承認を目指し臨床試験を開始しています。
なお、平成23年4月に設立されたOMICとの連携による「遺伝子発現・細胞治療の可視化」技術の導入は、遺伝子治療の安全性、有効性に関する新しい評価法、ならびに細胞治療の深化のための基盤的解析法の展開を可能とし、ICONTの目指す橋渡し研究の飛躍的な進展を期待しているところでございます。

 引き続き、これまで同様のご支援をお願い申しあげますとともに、どうぞご意見、ご要望をお寄せください。


 


ナノバイオ標的医療
イノベーションセンター長
 
公文 裕巳