English

 HOME > 研究計画 : 革新的治療薬ナノバイオ標的医療創成Ad-SGE-REIC





      Innovation      
岡山大学ICONTにおける「ナノバイオ標的医療イノベーション」

   ICONTは、文部科学省・平成18年度科学技術振興調整費「先端融合領域イノベーション創出拠点の形成」プログ
  ラムに、岡山大学が提案した「ナノバイオ標的医療の融合的創出拠点の形成」事業が採択されたことを受けて産学
  連携学内特区として設立されました。
   ICONTでは、種々の標的医療に関するトランスレーショナル リサーチを実施してきましたが、現在は、がん治療
  遺伝子REIC(Reduced Expression in Immortalized Cells)に関する基盤研究と固形がんに対する遺伝子治療薬の
  創製に特化して研究開発を進めています。
   がん治療は21世紀最大の医療課題でありますが、難治固形がん、特に進行がん、多発転移がん、再発がんは
  既存の療法では対処できず、新しい治療法が求められています。これらの治療には、①がん細胞の選択的細胞死
  と ②抗がん免疫の活性化 が「治療の鍵」とされており、これら二つの機能を併せ持つ REIC は、夢のがん治療
  遺伝子として期待されています。




  がん治療遺伝子REIC

    近年、がん抑制遺伝子を標的とする新たな治療戦略を構築する試みは種々ありますが、REIC遺伝子については、
  ①多くのがん種においてがん抑制遺伝子として機能すること、②がん細胞での強制発現が‘がん選択的アポトーシス’
  を誘導し、それが、がん細胞固有のストレス応答機構と密接に結びついていること、③広範な生命現象やがんの発症
  に関与するWntシグナル伝達経路を負に制御するDkkファミリーの一員であることが明らかになり、実際に、広範かつ
  強力な抗がん作用が担がんモデル動物で実証されてきました。
    平成23年1月から、最初の開発製剤であるAd-CAG-REICのヒトへの初めての投与試験(FIM: First-in-Man)が
  岡山大学病院で実施され、安全性とともに、持続的完全寛解を実現した例が確認される等、臨床有用性も実証され
  ており、創薬POC(Proof of Concept)が確立され、その成果を論文として発表しています。 
 
     【発表論文】
    Kumon H, Sasaki K, Ariyoshi Y, Sadahira T, Araki M, Ebara S, Yanai H, Watanabe M, Nasu Y.
    Feasibility of Neoadjuvant Ad-REIC Gene Therapy in Patients with High-Risk Localized Prostate Cancer
    Undergoing Radical Prostatectomy.
    Clin Transl Sci. 2015;8(6):837-840. doi: 10.1111/cts.12362.

    Kumon H, Sasaki K, Ariyoshi Y, Sadahira T, Ebara S, Hiraki T, Kanazawa S, Yanai H, Watanabe M, Nasu Y.
    Ad-REIC Gene Therapy: Promising Results in a Patient with Metastatic CRPC Following Chemotherapy.
    Clin Med Insights Oncol. 2015; 9:31-38. doi: 10.4137/CMO.S23252.




 REICタンパク質の機能解析による新たな創薬基盤プラットフォームの構築
                           文部科学省・平成22年度~28年度 特別電源所在県科学技術振興事業

    ICONTでは、REICによるがんの遺伝子治療を発展・深化させるための基盤研究として、平成22年度~27年度
  特別電源所在県科学技術振興事業「がん治療遺伝子REICによるナノバイオ標的医療の創成」を推進してきまし
  た。このプロジェクトでの研究成果を基盤に、平成28年度からは新体制として「REICタンパク質の機能解析による
  新たな創薬基盤プラットフォームの構築」を開始しています。まだ解明されていない生体恒常性維持機構に関わる
  REICタンパク質の本態を明らかにし、健康寿命延伸につながる新たな創薬基盤プラットフォームの構築の実現を
  目指しています。

 



 Ad-SGE-REICの開発
                JST・平成26年度産学共同実用化開発事業(NexTEP)
               JST・平成23年度研究成果最適展開支援事業(A-STEP)本格研究開発ステージ実用化挑戦タイプ

    岡山大学が開発した遺伝子発現を飛躍的に向上させるSuper Gene Expression(SGE)システムを用いた
  第二世代製剤Ad-SGE-REICが、杏林製薬㈱を開発主体とするJST産学共同実用化開発事業(NexTEP)に
  採択され、平成27年9月より岡山大学、兵庫医科大学、国立がんセンターの3施設で悪性胸膜中皮腫に対する
  第Ⅰ/Ⅱ相試験が開始されています。
    この治験には、JST・平成23年度研究成果最適展開支援事業(A-STEP)の支援を受け、岡山大学発の
  バイオベンチャー桃太郎源㈱との協働でGMP製造を完了したAd-SGE-REIC製剤を使用しています。
 
 

    米国では、Ad-SGE-REIC 製剤を用いた限局性前立腺がんに対する第Ⅰ相試験が実施され、予定した
  12 名への投与を完了し、MRI 画像診断や組織生検でのがんの消滅やPSA(前立腺がん腫瘍マーカー)
  の低下など有効な治療成績が得られています。