岡山大学保健管理センター

感染症についての出席停止基準

  種類 特徴 出席停止の期間の基準


・エボラ出血熱
・クリミア・コンゴ出血熱
・痘そう
・南米出血熱
・ペスト
・マールブルグ病
・ラッサ熱
・急性灰白髄炎
・ジフテリア
・重症急性呼吸器症候群(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)
・鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る。)
・新型インフルエンザ等感染症
・指定感染症
 鳥インフルエンザH7N9
 中東呼吸器症候群
・新感染症
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条に規定する一類感染症および二類感染症とする 第一種の感染症にかかった者については、治癒するまで


・インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1),(H7N9)及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)
・百日咳
・麻疹
・流行性耳下腺炎
・風疹
・水痘
・咽頭結膜熱
・結核
・髄膜炎菌性髄膜炎
飛沫感染するもので、児童生徒等の罹患が多く、学校において流行を広げる可能性が高い伝染病とする 第二種の感染症に罹患した者については、次の期間。ただし、病状により医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではない
:インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1),(H7N9)及び新型インフルエンザ等感染症を除く)にあっては、発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで
:百日咳にあっては、特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
:麻疹にあっては、解熱した後3日を経過するまで
:流行性耳下腺炎にあっては、耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
:風疹にあっては、発疹が消失するまで
:水痘にあっては、すべての発疹が痂皮化するまで
:咽頭結膜熱にあっては、主要幹線症状が消退した後2日を経過するまで
:結核及び髄膜炎菌性髄膜炎にあっては、病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで

                            学校保健安全法施行規則などより(平成24年3月から)
☆★☆上記の出席停止の感染症に関して、「公欠」になるのは、
     岡山大学では第一種、第二種としています。
     「公欠」の手続きに関しては岡山大学HP学生生活の下記をご参照ください。
       http://www.okayama-u.ac.jp/tp/student/kouketsu_03.html