学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 組織・沿革

岡山大学農学部の沿革

1946年3月岡山農業専門学校の設置が認可された。
1949年 3月岡山大学が設置され,その1学部として農学部(農学科・園芸学科)が設置された。
1949年 10月岡山農業専門学校の岡山大学への合併が認可された。
1950年 4月附属農場(岡山農場,八浜農場)及び附属演習林が設置された。
1951年 3月岡山農業専門学校が廃止された。
1951年 4月財団法人大原農業研究所を附属研究所として合併した。
1953年 4月畜産学科が設置された。
1953年 7月附属大原農業研究所は岡山大学附置研究所に昇格分離した。
1959年 4月農学専攻科が設置された。
1961年 4月農芸化学科が設置された。
1964年 2月香川県丸亀市本島町に本島農場が開設された。
1966年 4月農業工学科が設置された。
1969年 4月大学院農学研究科(農学専攻,畜産学専攻,農芸化学専攻)が設置された。
1970年 4月大学院農学研究科農業工学専攻が設置された。
1971年 4月大学院農学研究科園芸学専攻が設置された。
1971年 4月農学専攻科が廃止された。
1978年 11月津高牧場が開設された。
1985年 4月 附属演習林が廃止された。
大学院工学研究科に博士課程(農学を含む生産開発科学専攻)が併設された。
1986年 4月大学院農学研究科に博士課程(生物資源科学専攻)が併設された。
1986年 4月農学科,園芸学科,畜産学科,農芸化学科及び農業工学科の5学科が改組され,総合農業科学科1学科に再編成された。
1987年 4月 大学院自然科学研究科設置に伴い,生産開発科学専攻,生物資源科学専攻が移設された。
1990年 4月 大学院農学研究科の5専攻が改組され,生物資源学,農業生産学,地域環境農学の3専攻に再編成された。
1994年 10月基盤整備学講座が廃止され,農林生産生態学講座及び地域資源管理学講座が新設された。
1999年 4月農学部の改組により,講座の再編成が行われた。大学院農学研究科が廃止され,大学院自然科学研究科博士前期課程として,生物資源科学,生物圏システム科学の2専攻に再編成された。大学院自然科学研究科博士後期課程として,エネルギー転換科学の1専攻が編成された。
2000年 4月大学院自然科学研究科の生産開発科学,生物資源科学の2専攻が廃止され,博士後期課程として,生命分子科学,資源管理科学の2専攻が編成された。
2002年 4月 附属農場が附属山陽圏フィールド科学センターとして改組された。
2004年 4月国立岡山大学から、国立大学法人岡山大学へ。
2005年 4月大学院環境学研究科博士前期課程、博士後期課程が設置された。
2005年 4月大学院自然科学研究科博士後期課程の生命分子科学、資源管理科学及びエネルギー転換科学専攻が改組され、バイオサイエンス専攻が設置された。
2006年 4月農学部の改組により講座の再編成が行われ,新たに4つの専門分野からなるコース制教育が導入された 。
2012年 3月本島農場が閉鎖された。
2012年 4月大学院自然科学研究科及び大学院環境学研究科が改組され、大学院環境生命科学研究科博士前期課程、博士後期課程が設置された 。

岡山大学農学部の組織

■農学部

   ・教授会・教員会議・各種委員会

総合農業科学科農芸化学コース
応用植物科学コース
応用動物科学コース
環境生態学コース
附属山陽圏フィールド科学センター教育研究部
技術部
事務室総務担当・教務学生担当・センター担当
■大学院環境生命科学研究科
博士前期課程生命環境学専攻
生物資源科学専攻
生物生産科学専攻
博士後期課程環境科学専攻
農生命科学専攻
■大学院自然科学研究科
博士前期課程生物資源科学専攻
生物圏システム科学専攻
博士後期課程バイオサイエンス専攻
■大学院環境学研究科
博士前期課程生命環境学専攻
博士後期課程生命環境学専攻

※ 大学院環境生命科学研究科・大学院自然科学研究科・大学院環境学研究科は,農学部関係分のみ記載。
   博士前期課程は,農学部と資源植物科学研究所を基礎として構成されている。