学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 環境生態学コース

環境生態学コース  Course of Environmental Ecology

地域レベルから地球レベルまでを対象として,環境保全,生態系の維持,食料と資源の持続的確保,および効率的な生物生産システムの開発を行っています。

環境生態学コースの教育・研究内容

森林,草原,農地,河川,海洋などの生態系を対象として,生態系の構造と機能,生物個体群の維持メカニズム,生物多様性と生物進化,およびその修復と保全手法に関して生態学的な観点から調査研究を行います。トマトの収穫用ロボット

トマトの収穫用ロボット

また,合理的な地域資源の活用と管理,ならびに効率的な作物生産と流通システム構築のために,食料生産および流通に関して社会学,経済学,そしてシステム工学の観点から研究と開発を行います。これらの教育と研究により,環境,食料,および資源問題に取り組む産業ならびに研究分野で国際的視野に立って活躍できる人材を養成します。中国ゴビ砂漠のオアシスに成立する胡楊林

中国ゴビ砂漠のオアシスに
成立する胡楊林

 
環境生態学全般にわたって総合的な知識を習得するこのコースの卒業生は,農林業関連の研究者,技術者,国および地方公務員となる他,各種財団,コンサルタント業,製造業,金融業,建設業,造園業,製紙業など多方面で活躍しています。
休耕田を利用した和牛の放牧

休耕田を利用した和牛の放牧

環境生態学コースの研究ユニット

緑地生態学 教授:坂本 圭児 / 准教授:三木 直子
緑地生態学ユニットURL

森林の維持機構と樹木の水利用調節機構の解明

森林生態学 教授:廣部 宗 / 助教:宮崎 祐子
森林生態学ユニットURL

森林生態系の構造、機能および動態の解明

土壌環境管理学 教授:嶋 一徹
土壌環境管理学ユニットURL

土壌-植物系における養分動態の解明と緑化手法の確立

水系保全学  准教授 :福田 宏
水系保全学ユニットURL

貝類の分類学的検討及びその知識に基づく種・個体群・棲息環境の保全

昆虫生態学 准教授:高橋 一男
昆虫生態学ユニットURL

進化的キャパシターの探索とその遺伝的多様性維持機能の解明

進化生態学 教授:宮竹 貴久 / 助教:岡田 賢祐
進化生態学ユニットURL

環境と生物の相互作用に対する進化生態学的解明

生物生産システム工学 教授:門田 充司 / 准教授:難波 和彦
生物生産システム工学ユニットURL

生産システムの自動化と生物生産用機械・施設の開発およびロボット化

食料生産システム管理学 教授:小松 泰信 / 准教授:大仲 克俊
食料生産システム管理学ユニットURL

食料生産に関する情報処理と経営管理体系の確立

資源管理学 教授:横溝 功 / 准教授:駄田井 久
資源管理学ユニットURL

地域資源の効率的利用および資源の保全・利用計画の開発

WTT教員  助教:東口 阿希子
WTT教員(環境生態学コース)URL

野生動物被害(獣害)対策を主とした集落活動,地域づくりに関する研究