学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 環境生態学コース > 水系保全学

水系保全学 Conservation of Aquatic Biodiversity

教員

Hiroshi FUKUDA准教授: 福田 宏 Assoc. Prof. Dr. Hiroshi FUKUDA
E-mail: suikei1@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 系統分類学(おもに貝類)

主な研究テーマ

 日本の淡水・汽水・内湾等の環境においては,護岸・埋立・干拓や水質汚濁等によって,現時点で300種以上の貝類が絶滅の危機に瀕しています。しかも,それらの多くは大きさがわずか数mmと微小なため,研究は非常に遅れており,人類によって認識すらされないまま滅びつつある種が多数あります。彼らを救うには何をすべきでしょうか? いつ,どこで,どんな種が,いかに棲息しているかが判らなければ救けようもありません。水系保全学研究室では貝類の分類・棲息状況等の基礎的な検討を行い,保全対策に直接活かしています。

貝類の分布調査と標本に基づくデータベース化

 貝類は水域および陸上のほとんどの環境に棲息しているため, 環境の状態を知るための指標生物としても極めて重要です。しかしその分布や棲息状況の調査は進んでおらず, 普通種ですらどこにどのように見られるのか明らかでない場合が少なくありません。そこで, まず研究の出発点として, 日本全土で精力的に貝類の採集を進め, 産出状況を記録するとともに, 得られたすべての種の標本を作製し, データベース化しています。2006年3月の時点で約15000点の標本を検索可能としています。

nougaku0404_img01.jpg
比較解剖に基づく貝類の分類と系統解析

 日本でも, まだまだ多数の貝類の新種が現れます。これらの種は正式に学名を命名し, どのような形態を持っているか明確化されねばなりません。また, すでに知られている種でも, 詳細に検討してみると, 複数の種を同一種と見なしていたり, 誤った属や科に含められているなどの分類の混乱がしばしば見られます。このような混乱を解決するためには, 生殖器・消化器・泌尿器・神経系などの比較解剖が有効です。それら解剖学的情報に基づいて系統関係を確定し, それぞれの種がどの種と近縁で, どのグループから派生して生じたかを明らかにします。

nougaku0404_img02.jpg
貝類の種多様性の保全

最近では, 開発などで自然環境が損なわれる場合, 生物多様性も含めた環境の保全対策が実施されるようになってきました。しかし, 上記のような分類の不備や混乱が存在するために, 保全すべき希少種を見落としていたり, 誤って普通種であると過小評価してしまうなどの問題が極めて頻繁に生じています。この結果, 絶滅の危機にある種を, 「保全対策」を行ったにもかかわらず, 絶滅させてしまう恐れがあります。そこで, 生物多様性保全の現場においては何よりもまず, 実際に棲息しているそれぞれの種を正しく認識し, その細かい棲息状況を把握する必要があり, その上で初めて, 実効性のある保全対策が成しうることを訴えています。

nougaku0404_img03.jpg

最近の主な業績

  • 福田 宏 (2004) 外来種と同定の問題. 日本ベントス学会誌 59, 68-73.
  • 福田 宏 (2004) 貝類相の"破片","放浪",そして"混乱":有明海に代表される内湾棲貝類相の惨状. 化石 76, 100-106.
  • Fukuda, H. and Ponder, W. F. (2003) Australian freshwater assimineids, with a synopsis of the Recent genus-group taxa of the Assimineidae (Mollusca:Caenogastropoda: Rissooidea). Journal of Natural History 37, 1977-2032.
  • Fukuda, H. and Ponder, W. F. (2004) A protandric assimineid gastropod: Rugapedia androgyna n. gen. and n. sp. (Mollusca: Caenogastropoda: Rissooidea) from Queensland, Australia. Molluscan Research 24, 75-88.
  • Fukuda, H. and Ponder, W. F. (2005) A revision of the Australian taxa previously attributed to Assiminea buccinoides (Quoy & Gaimard) and Assiminea tasmanica Tenison-Woods (Mollusca: Gastropoda: Caenogastropoda: Assimineidae). Invertebrate Systematics 19, 325-360.
  • Fukuda, H. and Ponder, W. F. (2006) Conassiminea, a new genus of the Assimineidae (Caenogastropoda: Rissooidea) from southeastern Australia. Journal of Molluscan Studies 72, 39-52.

卒業生・修了生進路

  • 大学院進学, 公務員, 一般企業