学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 応用動物科学コース

応用動物科学コース Course of Applied Animal Science

動物資源を人類の健康と豊かな生活に役立てるために,動物の効率的生産と医療支援への活用,そして動物機能の高度利用を幅広く追及するのが「応用動物科学コース」です。

応用動物科学コースの教育・研究内容

草食小動物の栄養・生理の探求

草食小動物の栄養・生理の探求

 動物の成長と物質生産における諸機能を解明し,バイオテクノロジー等によりその機能を活用して動物を生産するための教育研究が行われています。このコースでは,良質で安全な動物性タンパク質の生産・利用技術の向上と生命現象ならびに生産に関わる諸機能の解明を目指しています。
ホルモン測定と細胞観察

ホルモン測定と細胞観察

 有用動物性資源の創生・保護,そして食品としての畜産物の利用性と機能性をさらに高め,栄養価,および品質・安全性評価をするための生理化学的な研究を行い,動物生命科学領域に関わる産業および研究分野で活躍できる人材を養成します。 
貴重な遺伝資源の岡山黒毛和牛

貴重な遺伝資源の岡山和牛

 このコースの学生は,将来生物生産と生命科学に関する研究者・技術者としての素質を備え,様々な分野に広く対応することが期待できます。卒業生は公務員,各種団体職員,教員として活躍しています。 

応用動物コースの研究ユニット

動物生殖生理学  教授 : 木村 康二 / 助教 : 山本 ゆき
動物生殖生理学ユニットURL

動物の生殖に関わる細胞生理学的および内分泌学的研究とその応用

動物生殖細胞工学   教授 : 舟橋 弘晃 / 准教授 : 若井 拓哉
動物生殖細胞工学ユニットURL

哺乳動物の生殖細胞の発生工学的研究とその応用

動物生理学  教授 : 齋藤 昇 / 准教授 : 畑生 俊光
動物生理学ユニットURL

動物の健康維持および利用開発のための各種生理機能の解析

動物遺伝育種学  准教授 : 揖斐 隆之
動物遺伝育種学ユニットURL

家畜における遺伝機構の解明とその育種法への応用

動物遺伝学  教授 : 国枝 哲夫 / 准教授 : 辻 岳人
動物遺伝学ユニットURL

動物の有用形質や疾患に関わる遺伝子の解析およびその制御と利用

動物栄養学  教授 : 西野 直樹 / 准教授 : 鶴田 剛司
動物栄養学ユニットURL

栄養素代謝調節と消化管機能の追及ならびに環境保全型動物生産システムの開発

動物応用微生物学  教授 : 森田 英利 / 助教 : 荒川 健佑
動物応用微生物学ユニットURL

腸内細菌、ビフィズス菌、乳酸菌の機能解析と畜産食品への応用研究