学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 研究・教育体制

岡山大学 農学部紹介

ユニークな研究・教育体制

 本学部の教育・研究体制は総合農業科学科1学科制を採用しています。「総合農業科学科」1学科体制のもとで,コース制教育を導入しています。この様な,ユニークな研究・教育体制により多様な学問領域からなる農学教育の一層の充実を図るとともに,時代のニーズに柔軟に対応できる専門性と総合性を兼ね備えた人材の育成を目指しています。

農学部玄関前の櫂の木

農学部を構成する4つのコース

 岡山大学農学部総合農業科学科は,農芸化学コース・応用植物科学コース・応用動物科学コース・環境生態学コースの4コースによって組織されています。幅広い基礎知識を修得することができ,その基礎の上にそれぞれの専門分野の知識を積み上げていくことができるのが特色です。したがって多様化する社会的要請に対応でき,また幅広く応用力を発揮できる人材の養成が可能になります。

農芸化学コース

生命現象を化学的視点で理解する力を養い,生物資源や生物機能を人間生活に役立てるための基礎と応用を習得する。

応用植物科学コース

農業生産の基盤をなす植物を対象にバイオサイエンスとフィールドサイエンスの基礎と応用を習得する。

応用動物科学コース

動物の生命現象を科学的に理解し,動物資源を食品としてだけでなく広い観点から人間生活に役立てるための基礎と応用を習得する。

環境生態学コース

環境保全,安全安心で効率的な食料生産,および地域資源管理という課題に対して,環境科学的視点を通して基礎から応用にいたる教育研究を行う。

各コースの紹介ページ
カリキュラムの特徴

 農学部のカリキュラムの特徴は,個々の学生の適正に応じ,指導教員との相談のもとに柔軟にカリキュラムを作成することができることです。

 一年次には一般教養科目の履修と併行して,農業科学の概要を把握するための専門基礎科目からなる入門科目を履修します。二年次前期には各コースに分属して,共通的な専門科目を通じて自分自身の適正を見いだし,二年次後期から順次,教育研究分野に所属して特定の専門教育を受けつつ卒業論文研究の準備に入ります。

 四年次では卒業論文研究を通して実践的研究の場を経験して実社会に羽ばたきます。さらに深い専門知識や技術の修得を目指す学生は,大学院へ進学します。近年は科学・技術の著しい発展に対応するため大学院への進学者が急増しています。

 また普通科のみならず農業など専門教育を主とする学科を持つ高校からの推薦入学,さらに,社会人入学,帰国子女入学などのさまざまな入学制度を採用し,多彩な人材養成も目指しています。