学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 農芸化学コース

農芸化学コース

 生命現象を化学的視点で理解する力を養い、生物資源や生物機能を人間生活に役立てるための基礎と応用を習得する教育コースです。

農芸化学コースの教育研究

 農芸化学では,微生物,植物,ヒトを含む動物まで,さまざまな生物を研究対象として,代謝産物,糖鎖,脂質,たんぱく質,遺伝子などを分子のレベルで研究します。

 分子の世界に入ると「科学の目」で生命現象を理解することの驚きと面白さを実感できます。また,生物の作る有用成分を純粋な形で取り出す「化学の手」を修得すれば,生物の作る有用成分を人工的に生産することも可能となります。さらに,生物や細胞間の情報交換に使われる分子やイオンを「化学の言葉」として解読することも可能となります。

タンパク質の構造と機能の研究

タンパク質の構造と機能の研究

 農芸化学という学問分野は「基礎」と「応用」が渾然一体となった世界にも類の無い学問体系を持ち,人や技術を介して産業との強いつながりをもっています。本コースでも,社会からの要請をつねに教育に反映させながら,教育・研究の充実をはかっています。

 このコースの学生は,化学と生物の幅広い分野の基礎知識と専門知識を修得します。卒業生は食品・化粧品・化学・医薬品関係などの幅広い企業や関係官庁で活躍しています。

放線菌胞子の電子顕微鏡写真

放線菌の胞子の
電子顕微鏡写真

農芸化学コースの研究ユニット

天然物有機化学  教授:清田洋正/准教授:泉 実
天然物有機化学ユニットURL

天然由来の生理活性物質の探索・合成とその有効利用

生理活性化学  教授:神崎 浩/准教授:仁戸田照彦
生理活性化学ユニットURL

生理活性物質の探索と細胞・酵素による生産

糖鎖機能化学  教授:木村吉伸/准教授:前田 恵
糖鎖機能化学ユニットURL

真核生物における糖鎖機能の生化学的解析と応用

微生物遺伝子化学  教授:稲垣賢二/教授:田村 隆
微生物遺伝子化学ユニットURL

微生物由来の有用酵素の探索,遺伝子解析と応用

食品生物化学  教授:中村宜督/助教:中村俊之
食品生物化学ユニットURL

高機能性食品の創製に関する生物化学的研究と応用

生物情報化学  教授:村田芳行/助教:宗正晋太郎
生物情報化学ユニットURL

植物の環境ストレス応答と情報伝達機構の解明

微生物機能学   教授:上村一雄/准教授:金尾忠芳
微生物機能学ユニットURL
WTT教員  助教:根本理子
WTT教員(農芸化学コース)URL

珪藻のシリカ被殻形成機構の解明とその応用