学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 環境生態学コース > 食料生産システム管理学

食料生産システム管理学 Food Prpduction System

教員

Katutoshi OONAKA准教授:大仲 克俊 Assoc.Prof. Dr. Katutoshi OONAKA
E-mail:pwnu4uds@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野:農業経営学、農業政策学、地域政策学、一般企業の農業参入や大規模水田農業経営体の農業経営と地域農業構造に関する研究

主な研究テーマ

 地域農業の維持・発展を目指して,自然的・社会的・経済的立地条件を考慮しながら,いかに生産要素(土地,労働力,資本,そして情報)を調達し,再編成していくのかについて,フィールド調査に基づきながら明らかにしています。主要な研究対象は,個別経営,集落営農,農協,地方自治体,普及センターであり,現代経営学,ミクロ経済学,計量経済学,マーケティング論,会計学,社会学を用いてアプローチしています。卒業研究では,問題意識と実践性を重視しています。

地域農業の構造再編に関する研究

 地域農業の維持・発展を目指して,自然的・社会的・経済的立地条件を考慮しながら,いかに生産要素(土地,労働力,資本,そして情報)を調達し,再編成していくのかについて,フィールド調査に基づきながら明らかにする。

nougaku0408_img01.jpg
農産物マーケティングに関する研究

 “マーケット・イン(売れるものをいかに作るか)”,さらには,“デザイン・イン(商品設計段階から顧客と一緒に商品開発を行う)”の視点から,農産物マーケティングのあり方について明らかにする。

nougaku0408_img02.jpg
農業協同組合の事業戦略に関する研究

 わが国の農業協同組合は,農家のほぼ100%を組合員として成立している。また,営農指導をはじめ,販売,購買,信用,共済,といった総合事業を行っている。世界でも類例をみない農業協同組合を対象に,そのあり方を事業戦略論の視点から明らかにする。

nougaku0408_img03.jpg

最近の主な業績

  • 小松泰信,苛政下における中央会・連合会の進むべき道,農業と経済,第81巻第10号,44-50(2015)
  • 大仲克俊・安藤光義,農事組合法人の企業形態の変更要因とその効果-愛知県豊田市高岡地区における2つの法人の比較から-,農業経済研究 87巻 2号,156 ~ 161(2015)
  • 小松泰信,JA の運営と基礎組織―部農会と基本的意思形成機能―.農業協同組合経営実務,861,4-15(2014).
  • 小松泰信,進化する青年組織が JA 運営を変える.農業協同組合経営実務,864,4-15(2014).
  • 小松泰信,JA の営農・経済革新プランの論点―強さより根強さを―.農業協同組合経営実務,866,86-99(2014)
  • 大仲克俊,『日本の農業 一般企業の農業参入・農業経営への参画の意義と課題』,財団法人農政調査委員会(2013)
  • 小松泰信,幸福感調査から見えるもの.地域農業と農協,42(1),pp. 4-9(2012)

卒業生・修了生の進路

  • 大学院進学(岡山大学大学院)
  • シンクタンク(長野県農協地域開発機構)
  • 外食関係((株)モンテローザ),金融機関(伊予銀行,山口銀行,大分信用組合,香川銀行),食品流通関係(らでぃっしゅぼーや(株),(有)三協食鳥),教育関係(川崎医科大学)
  • 団体(岡山県農協中央会,山口県農協中央会,高知県農協中央会,広島県信農連,全農岡山,JAみのり,JA熊本うき,JAつやま,JA岡山東,(社)川福会,(独)農畜産業振興機構)
  • 公務員(農林水産省,国税庁,兵庫県,和歌山県,大分県,福岡県,松山市,玉野市,南国市,岡山市)
  • 自営(農業)

収穫祭ポスター