学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 応用植物科学コース > 作物学

作物学 (Crop Science)

農作物の収量向上・安定および非生物的ストレス耐性の解明

教員

Tohru_KOBATA特任教授:小葉田 亨 Prof. (Special appointment) Dr. Tohru KOBATA
E-mail:kobata@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野:作物学
高温や水ストレス下での作物の生産性向上および多収品種の収量制限要因に関する研究
Yoshihiko_HIRAI准教授: 平井 儀彦 Assoc. Prof. Dr. Yoshihiko HIRAI
E-mail: yhirai@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野:作物学
様々な環境条件下における作物の生産性向上および品質改善に関する研究

主な研究テーマ

 現在, 地球の温暖化とそれに伴う砂漠化, 土壌の塩類化, 水資源の枯渇など, かつてない規模での環境破壊が進行し, 一方で人口の急激な増加が続いており, 食糧の生産拡大が強く求められています.このため, 栽培に適した耕地での収量をさらに改善するとともに, 水不足, 塩類集積など生じる不適な土地においても農作物の生産が必要とされます. 当分野では,不良環境下での作物生産の向上と,生産物の品質向上を目的として,さまざまな作物生理・生態学的な研究・教育を行っています.

作物の耐塩性の向上に関する生理学的研究

 イネ,コムギおよびオオムギについて,Na+やCl-の吸収抑制に関わる機構や,塩類土壌下での光合成能の維持に関わる機構など, 様々な観点から塩類土壌下で高収量となる生理・形態的特徴の解明を進めています.

画像1
イネの耐塩性に関する遺伝学的解析

 耐塩性には,様々な遺伝子や生理機構が関与していると考えられていますが,不明な点が多く残されており,耐塩性品種の育成はあまり進んでいません.このため,イネの収量形質に関わる耐塩性遺伝子の同定を目指し,塩に弱い品種の染色体に,塩に強い品種の染色体が部分置換された系統群を用いた解析を進めています.

画像2
ダイズの外観品質の改善に関する研究

 ダイズの外観品質を低下させる裂皮(ダイズの種皮が破れること)が発生すると,商品価値が低下します.このため,裂皮発生機構の解明および裂皮粒の発生を抑制する栽培法の確立をめざした研究を行っています.裂皮の形状には複数のタイプがあり,裂皮の形状によって発生しやすい環境条件は異なることをこれまでに明らかにしており,裂皮の形状毎の発生要因について生理的および形態的に解析を進めています.

画像3
イネとコムギの登熟期の高温が子実成長と生産に与える影響の解析

 高温がどのような過程を通して子実重を低下させるのか,品種間差はなぜ起こるのか,イネとコムギの子実収量の最適気温の違いはなぜ起こるのかなどを研究しています.

画像4

研究業績リスト

・王俊剛・津田誠・平井儀彦(2007)塩土壌における幼穂形成期の水ストレスに対するイネの感受性の増加,日本作物学会紀事76,540-547.
・平井儀彦・沼健太郎・中井清裕・津田誠(2010)イネの穂の乾物増加と穂への炭水化物の転流に関わる呼吸効率の品種間差異.日本作物学会紀事79, 53-61.
・Tsuda, M., Endo, M. and Hirai, Y. (2010) Effects of top dressing on growth and panicle dry weight as affected by soil water stress at the early panicle-development stage in rice (Oryza sativa L.). Plant Production Science 15, 37-44.
・曽根千晴・津田誠・平井儀彦(2010)アジアイネ(Oryza sativa L.)とアフリカイネ(Oryza glaberrrima Steud.)の種間交雑品種NERICA1の耐塩性.日本作物学会紀事79, 184-191.
・平井儀彦・津島洋・津田誠(2011)開花期の追肥と登熟期の環境条件が異なる形状のダイズ裂皮粒発生に及ぼす影響.日本作物学会紀事80, 183-189.
・曽根千晴・津田誠・平井儀彦(2011)土壌の違いが種間雑種NERICA1系統の塩条件下におけるNa蓄積に及ぼす影響.日本作物学会紀事80, 333-340.
・哈布日・津田誠・平井儀彦(2012)土壌水分が限られた塩土壌におけるコムギとオオムギの水利用.日本作物学会紀事81, 64-70.
・哈布日・津田誠・平井儀彦(2014)土壌の塩濃度と量の違いがイネの水利用と乾物生産におよぼす影響.日本作物学会紀事83, 32-38.

卒業生・修了生進路

・大学院進学(岡山大学博士課程前期・後期, 東京農工大学など)
・公務員(農林水産省, 香川県試験場,静岡県庁, 高知県庁, 福井県庁, 岡山市役所など)
・JICA,JA, 自営農家
・食品メーカー(江崎グリコ,山崎製パン,明治製菓, ヒガシマル, 三立製菓, 日本食研など), 製薬メーカー(H+Bライフサイエンスなど), 製造メーカー(タカギなど)

収穫祭ポスター