学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 応用動物科学コース > 動物生殖生理学

動物生殖生理学 Reproductive Physiology

教員

Koji_KIMURA教授: 木村 康二 Prof. Dr. Koji KIMURA
E-mail:kimurak@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 生殖生理学
家畜の妊娠の成立の生殖生理学
Yuki_YAMAMOTO助教: 山本 ゆき Assist. Prof. Dr. Yuki YAMAMOTO
E-mail:yyamamoto@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 生殖生理学,生殖内分泌学
ほ乳類(主に家畜)の生殖機能調節に関する内分泌学的基礎研究

主な研究テーマ

 哺乳動物の生殖機能は様々なホルモンやサイトカインによって制御されています。私たちは、安定した食糧供給に重要な動物の繁殖効率を上げることを目的として、ウシやウマの卵巣、子宮、卵管における複雑な機能制御機構の解明に焦点を置いて研究を進めています。細胞培養法を用いて、様々なホルモン、サイトカインが生殖細胞に与える影響を遺伝子解析、タンパク質解析、ホルモン測定等によって明らかにし、繁殖制御技術の向上に貢献します。

黄体機能の局所調節メカニズム

 黄体とは、排卵後に卵巣に形成される一過性の内分泌器官で、全ての哺乳動物において妊娠維持に必須のホルモン「プロジェステロン」を産生します。妊娠が不成立の場合は,黄体は退行し消失します。
 a) 黄体期を通じたプロジェステロンの産生調節メカニズム
 b) 黄体細胞のアポトーシス (プログラム細胞死) および抗アポトーシスメカニズム
 c) 黄体退行前に黄体に侵入する免疫細胞由来のサイトカインの作用

子宮機能の局所調節メカニズム

 哺乳動物の子宮は、着床から分娩まで胚、胎子を育成する器官です。子宮内膜は、排卵周期を通して形態的、機能的に変化します。妊娠の成立や母体の妊娠認識、着床および黄体の退行に関与するプロスタグランジン (PGs) は子宮内膜から分泌されます。
 a) 黄体退行を引き起こすホルモン「PGF2α」の産生調節メカニズム
 b) 妊娠の成立に重要なホルモン「PGE2」の産生調節メカニズム
 c) ウシ子宮内膜の周期的な分化と退行メカニズム
 d) ウシ子宮機能と妊娠成立の関係

seisyokuseiri_1a
卵管機能調節メカニズムの解明

 哺乳動物の卵管は、受精および初期胚発生の場であり、配偶子および初期胚を輸送する経路としての役割も担っています。卵管の輸送機能には、管腔側の細胞表面にある繊毛の動きと、卵管平滑筋収縮および弛緩によるぜん動運動が関与しています。
 a) 卵管の輸送機能に関与する卵管平滑筋の収縮弛緩運動を制御する局所メカニズムと繊毛運動制御メカニズムの解明
 b) 受精と初期胚発育に重要な卵管内環境を調節する因子の探索

seisyokuseiri_2a

最近の主な業績

  • Hashiba K, Sano M, Nio-Kobayashi J, Hojo T, Skarzynski DJ, Okuda K: Galectin-3 contributes to luteolysis by binding to β1 integrin in the bovine corpus luteum. Biol Reprod, 91 (1), 2, 1-10 (2014)
  • Abe H, Al-zi'abi MO, Sekizawa F, Acosta TJ, Skarzynski DJ, Okuda K: Lymphatic involvement in the disappearance of steroidogenic cells from the corpus luteum during luteolysis. PLOS ONE, 20; 9 (2): e88953 doi: 10.1371/journal.pone.0088953 (2014)
  • Yoshioka S, Abe H, Sakumoto R, Okuda K: Proliferation of luteal steroidogenic cells in cattle. PLOS ONE, doi: 10.1371/journal.pone.0084186 (2013)
  • Kobayashi Y, Wakamiya K, Kohka M, Yamamoto Y, Okuda K: Summer heat stress affects prostaglandin synthesis in the bovine oviduct. Reproduction, 146 (2), 103-110 (2013)
  • Arai M, Yoshioka S, Tasaki Y, Okuda K: Remodeling of bovine endometrium throughout the estrous cycle. Anim Reprod Sci, 142 (1-2), 1-9 (2013)
  • Kawaguchi S, Bowolaksono A, Sakumoto R, Okuda K: Luteoprotective roles of luteinizing hormone are mediated by not only progesterone production but also glucocorticoid conversion in bovine corpus luteum. Mol Reprod Dev, 80 (3), 204-215 (2013)
  • Kamemori Y, Wakamiya K, Nishimura N, Hosaka Y, Ohtani S, Okuda K: Expressions of apoptosis-regulating factors in bovine retained placenta. Placenta, 32 (1), 20-26 (2011)

卒業生・修了生進路

  • 大学院進学
  • 独立行政法人農業生物資源研究所・動物生命科学研究所研究員
  • 不妊クリニック (胚培養士)
  • 製薬会社 (研究織・MR)
  • 公務員 (農水省検疫所、岡山県など)
  • アメリカ・ポーランド留学 (ポスドク)

収穫祭ポスター

 動物生殖生理学ユニットポスター2018年