学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 農芸化学コース > 生理活性化学

生理活性化学 (Chemistry of Bioactive Compunds)

有用な活性化合物を見つけ出す・創り出す

教員

Hiroshi KANZAKI教授 :神崎  浩  Prof. Dr. Hiroshi KANZAKI
E-mail: hkanzaki@(@以下はcc.okayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 応用酵素化学,天然物有機化学
細胞・酵素を利用する有用物質生産
Teruhiko NITODA准教授 :仁戸田 照彦  Assoc. Prof. Dr. Teruhiko NITODA
E-mail: nitoda@(@以下はcc.okayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 天然物化学
自然界に存在する有用な生理活性物質の探索

主な研究テーマ

 医薬・農薬などへの利用を目指して,1:天然生理活性化合物(高機能化合物)の探索と 2:細胞・酵素を用いる低機能物質からの変換研究を行っています。具体的には,【1】キチン分解酵素阻害剤の探索とその生理活性の解析,【2】植物および微生物由来二次代謝産物の酵素変換による高機能化,【3】生理活性配糖体の酵素合成,【4】微生物・酵素を用いる木質バイオマスの有効利用 などが挙げられます。

有用物質生産に有効な新規酵素の探索・利用

 (1)我々が放線菌中に見いだした新規の環状ジペプチド酸化酵素を利用すると,様々な脱水素型環状ジペプチドを合成できます。このユニークな酵素について諸性質検討を行うとともに,この酵素を用いた環状ジペプチドの高感度検出,脱水素型環状ジペプチドの生産等の応用研究を行っています。(2)オリーブ由来の二次代謝産物から酵素変換により新規抗酸化活性物質を調製し,その利用法について検討しています。(3)特徴ある糖転移活性を示す微生物酵素の詳細検討を行っています。(4)効率的なマテリアル利用のために,木質バイオマスを微生物あるいは酵素で処理する方法を検討しています。

有用物質生産

キチン分解酵素阻害剤の探索とその生理活性の解析

 昆虫の表皮や糸状菌の細胞壁には,多糖であるキチンが含まれます。キチンの代謝は昆虫や糸状菌の生育に不可欠であることから,その代謝を担う酵素であるキチナーゼやβ-N-アセチルグルコサミニダーゼは,害虫防除剤や抗菌剤などへの応用が期待されます。我々は,これらの酵素の阻害剤を微生物代謝産物中から見つけ出す研究を行ってきました。最近,β-N-アセチルグルコサミニダーゼに対する2種類の新規阻害剤を発見し,それらの阻害活性や阻害選択性についての詳細の解明を進めています。

新規阻害剤

タイの大学との共同研究(微生物由来生理活性物質の探索と利用)

 タイの2つの大学(シーナカリンウイロット大学・プリンスオブソンクラー大学)と微生 物由来生理活性物質に関する共同研究を実施しており,特別研究学生(修士課程学生,博士課程学生)を受入れています。

有用物質生産

研究業績リスト

・Biotransformation of α-mangostin by Colletotrichum sp. MT02 and Phomopsis euphorbiae K12, Arunrattiyakorn P., Suwannasai N., Aree T., Kanokmedhakul S., Ito, H., and Kanzaki H., J. Mol. Cat. B: Enz. , 102, 174-179 (2014).
・TMG-chitotriomycin as a probe for the prediction of substrate specificity of β-N-acetylhexosaminidases. Shiota H., Kanzaki H., Hatanaka T., and Nitoda T., Carbohydrate Res., 375, 29-34 (2013).
・Total synthesis of the proposed structure for pochonicine and determination of its absolute configuration. Kitamura Y., Koshino H., Nakamura H., Tsuchida A., Nitoda T., Kanzaki H., Matsuoka K., Takahashi S., Tetrahedron Lett., 54, 1456-1459 (2013).
・MS/MS fragmentation-guided search of TMG-chitooligomycins and their structure-activity relationship in specific β-N-acetylglucosaminidase inhibition. Usuki H., Yamamoto Y., Kumagai Y., Nitoda T., Kanzaki H., and Hatanaka T., Org. Biomol. Chem., 9, 2943-2951 (2011).
・Antivibrio compounds produced by Pseudomonas sp. W3: characterization and assessment of their safety to shrimps, Rattanachuay P., Kantachote D., Tantirungkij, M., Nitoda T., Kanzaki H., World J. Microbiol. Biotechnol., 27, 869-880 (2011).

卒業生・修了生進路

・大学院進学(岡山大学,京都大学,大阪大学)
・官公庁(農林水産省(農林水産消費技術センター),岡山県(衛生職・農業職・行政職),山口県(衛生職),守山市(行政職),目黒区役所(衛生職) など),高校理科教員
・食品(キリンビール,東洋水産,カバヤ食品,オハヨー乳業,フジワラテクノアート,日本アルコール産業,クロレラ工業 など), 化学・化粧品(住友化学,ダイセル化学,東ソー,カネカ,大洋香料,石原産業,コスモステクニカルセンター など), 医薬関連(大鵬薬品工業,塩野義製薬,佐藤製薬,アストラゼネカ,シスメックス など),その他(ジーエルサイエンス,日本植生,三浦工業 など)

外部リンク

研究室ホームページ

収穫祭ポスター