学生生活

ホーム > 学生生活 > 奨学金 > 日本学生支援機構の奨学金

シラバス
システムの利用方法
履修・成績等
授業料・学費支援・保険
在学中の諸手続
大学におけるルール
学生生活
留学支援
国際交流・語学支援
就職・キャリア支援
各種窓口案内

日本学生支援機構の貸与奨学金

貸与奨学金の種類

第一種奨学金(無利子貸与)と第二種奨学金(有利子貸与)の二種類があります。

貸与奨学金の申込基準(平成30年度)

学力基準と家計基準を満たす必要があります。
※基準を満たしていても機構の予算の関係で採用されない場合があります。
※成績不振により留年中の方は申込みできません。

■学力基準
(学部生の場合)
 ●1年生
  <第一種奨学金>
   調査書の学業成績の平均値が3.5以上または高等学校卒業程度認定試験に合格している者(注1)
  <第二種奨学金>
   岡山大学に入学したことで学力基準を満たしているとみなします

 ●2年生以上
  <第一種奨学金>
   ・医学部医学科以外
    標準修得単位数を満たしており、かつ「A+」+「A」+「B」の単位数が「C」の単位数を
    上回っている者(注1)
   ・医学部医学科
    進級判定に合格しており、かつ「A+」+「A」+「B」の単位数が「C」の単位数を上回って
    いる者(注1)
  <第二種奨学金>
   ・医学部医学科以外
    標準修得単位数を満たしている者
   ・医学部医学科
    進級判定に合格している者
  (注1) 平成29年度以降入学生かつ住民税非課税世帯の者は第二種奨学金の学力基準に準じます。

(大学院生の場合)
 ●修士・博士前期課程及び専門職大学院課程
  <第一種奨学金>
   大学等・大学院における成績が特に優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に
   必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる者
  <第二種奨学金>
   ①、②のいずれかに該当する人
   ①大学等・大学院における成績が優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に
    必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる者
   ②大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者

 ●博士・博士後期課程及び博士医・歯・獣医・薬学課程
  <第一種奨学金>
   大学・大学院における成績が特に優れ、将来、研究者として自立して研究活動を行い、または
   その他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力を備えて活動することができる
   と認められる者
  <第二種奨学金>
   大学・大学院の成績が優れている者もしくは学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込み
   があると認められる者

■家計基準
(学部生の場合)
 家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の年収・所得の上限の目安は以下
 のとおりですが、世帯人数や控除(母子・父子世帯、障害のある人がいる世帯など)の有無によって変わ
 ります。
 ※下記以外の世帯人数の年収・所得の上限の目安は、 日本学生支援機構ホームページでご確認ください。

世帯人数 給与所得 給与所得以外
併用・
第一種(注2)
第一種
(注2以外)
第二種 併用・
第一種(注2)
第一種
(注2以外)
第二種
3人 自宅 603万円 662万円 1,012万円 248万円 289万円 604万円
自宅外 670万円 729万円 1,059万円 295万円 336万円 651万円
4人 自宅 680万円 742万円 1,096万円 302万円 345万円 688万円
自宅外 747万円 800万円 1,143万円 349万円 392万円 735万円
  (注2) 平成30年度以降入学生が第一種奨学金の最高月額を希望する場合

(大学院生の場合)
 本人及び配偶者(配偶者は定職収入がある場合のみ)の年収・所得の上限の目安は以下のとおりですが、
 配偶者が給与所得者の場合は配偶者のみ所得控除を受けることができます。

第一種奨学金 第二種奨学金
大学院
修士・博士前期課程
専門職学位課程
299万円 536万円
大学院
博士・博士後期課程
340万円 718万円

貸与月額(平成30年度)

区分 第一種奨学金 第二種奨学金
学部
専攻科
別科
平成29年度
以前入学生
自宅通学 30,000円
45,000円
上記金額から選択
20,000円から120,000円のうち
一万円単位で選択
自宅外通学 30,000円
51,000円
上記金額から選択
平成30年度
以降入学生
自宅通学 2,0000円
30,000円
45,000円(注3)
上記金額から選択
自宅外通学 2,0000円
30,000円
40,000円
51,000円(注3)
上記金額から選択
大学院 修士課程 50,000円
88,000円
上記金額のうちから選択
50,000円
80,000円
100,000円
130,000円
150,000円
上記金額のうちから選択
博士課程 80,000円
122,000円
上記金額のうちから選択
  (注3) 平成30年度以降入学生のうち最高月額を利用可能な方は、家計支持者の認定所得金額が上記家計基
     準の併用・第一種の基準を満たす方のみです。

貸与奨学金の申込

■予約採用 (入学前の申込)
 ○学部生
  進学する前年に出身高校で申込してください。
 ○大学院生
  岡山大学では自然科学研究科・環境生命科学研究科・法務研究科進学希望者のみを対象として実施して
  います。詳細については合格通知に同封する資料にて確認してください。

■在学採用 (入学後の申込)
 ○学部生
  5月に募集します。詳細については奨学金・授業料免除に関する掲示板及び4月に開催する「奨学金説
  明会」で確認してください。
 ○大学院生
  4月に募集します。詳細については奨学金・授業料免除に関する掲示板にて確認してください。
  ※秋季入学者のみ10月にも募集があります。

■緊急・応急採用 (緊急の申込)
 家計の急変(家計支持者が失職・病気・事故・会社倒産・死別又は離別・災害等)で奨学金を緊急に必要と
 する場合は随時申請可能です。詳細については窓口にてお問合せください。

貸与奨学金の継続手続き

 毎年1回(例年12月頃)貸与奨学金の継続意思を確認します。学校が定めた期限内にインターネットにより
「奨学金継続願」を提出してください。詳細については奨学金・授業料免除に関する掲示板にてお知らせします。
 ※期限内に継続手続きを行わなかった場合、奨学金は「廃止」となり、貸与奨学生としての身分を失います。
  ただし、継続手続きを行った場合でも、「適格認定」の結果によっては、必ず翌年度も継続して貸与され 
  るとは限りません。

適格認定

 「奨学金継続願」で次年度の奨学金継続を希望した人について、学業成績等を総合的に審査し、継続の可否
等が判定されます。(奨学金継続願対象外であった人についても「適格認定」を行います。)

 ※「適格認定」の概要については、貸与奨学生に配付される「奨学生のしおり」を参照してください。

 ※個別の認定結果についての照会には一切応じられません。「継続」の場合は4月に振込されますので、
  振込を確認してください。(4月の振込日は通常より遅いです。振込日は掲示及び「奨学生のしおり」を
  ご確認ください。)なお、「廃止」となった場合は6月中旬以降に、「停止」「警告」となった場合は
  4月末~5月末(予定)にご本人へ通知します。

異動の手続き

 次のような場合は届出が必要ですので窓口に提出してください。(様式は窓口にあります。ただし、「在学
届」のみ「返還のてびき」に様式がありますのでコピーして提出してください。)

事項 届出様式
奨学金貸与中に休学・退学・留学する場合
奨学金を辞退したい場合
奨学金を復活したい場合
異動願(届)
奨学金の貸与額を変更したい場合 奨学金貸与月額変更願(届)
奨学金の振込口座を変更したい場合 奨学金振込口座変更届
留学中も引き続き奨学金の貸与を希望する場合(国費留学などは認められません) 留学奨学金継続願
留学・病気等により卒業(修了)期が延期する方で、奨学金の延長を希望する場合
(第二種奨学金のみ)
第二種奨学金貸与期間延長願
編入学後も引き続き奨学金の貸与を希望する場合 編入学奨学金継続願
転学部した場合 転学部(科)届
改氏名する場合 改氏名届
既に貸与が終了した方で、在学中の返還を猶予したい場合 在学届

返還誓約書等の提出

 採用後に「奨学生証」や「奨学生のてびき」などと一緒に「返還誓約書」を送付しますので、定められた
 期限内に必ず提出してください。(期限内に提出しなかった場合、採用取消しになります。)

奨学金返還手続き

 ○貸与期間満了(満期)する方
  10月頃(予定)掲示・HPにて“奨学金返還手続き書類”の交付についてお知らせしますので、定められ
  た期限内に受取・手続きを行ってください。
  ※奨学金を返還するための引落し口座(リレー口座)への加入手続き等を行っていただきます。
 ○年度途中で貸与終了する方
  日本学生支援機構から“奨学金返還手続き書類”が届き次第(貸与終了手続き後2カ月を目途)連絡します
  ので、定められた期限内に受取・手続きを行ってください。
  ※奨学金を返還するための引落し口座(リレー口座)への加入手続き等を行っていただきます。

返還期限猶予制度・減額返還制度の申請手続き

 奨学金の貸与終了後に返還が困難になった場合は、返還期限猶予制度や減額返還制度がありますので、すぐに(延滞になる前に)日本学生支援機構の相談窓口に電話をして相談してください。
 各制度の詳細については、日本学生支援機構ホームページで確認してください。

■日本学生支援機構の相談窓口 電話番号: 0570-666-301
 (海外からの電話、一部携帯電話、一部IP電話 専用ダイヤル:03-6743-6100)
 ※相談する際には奨学生番号が必要になります。奨学生番号はお手元の「奨学生証」や「貸与奨学金返還確認
  票」等に記載されています。

■日本学生支援機構ホームページ: http://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/
   返還中の手続き > 返還中の願出・届出  のページを参照してください。