大学紹介

ホーム > 大学紹介 > 法定開示情報 > 岡山大学における研究活動に係る不正行為に関する告発窓口について

岡山大学における研究活動に係る不正行為に関する告発窓口について

1 設置の目的

岡山大学(以下「本学」という。)における研究活動に係る不正行為に適切に対応できるようにするため,本学に告発窓口を設けています。

2 告発窓口

国立大学法人岡山大学法人監査室(本部棟6F)
住   所:〒700-8530 岡山市北区津島中一丁目1番1号
直通電話:086-251-7138
F A X:086-251-7145
電子メール:aaa7137@※
[注意]
迷惑メールへの対策のため,上記に示すメールアドレスについては,adm.okayama-u.ac.jpを※に置き換えております。

窓口の利用方法は,電話,電子メール,FAX,書面又は面会とします。
 告発窓口での受付時間:8:30~12:00 13:00~17:15
 (※ 但し,土曜日,日曜日,祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)は業務を行っておりません。)

3 告発方法

不正の疑いがあると思料する者は,何人も,以下の様式の告発書により,上記窓口に告発を行うことができます。

告発は,原則として当該告発に係る事実の発生から起算して,5年以内のものとします。

なお,告発の内容を正確に把握するため,告発書に不正行為を行ったとする研究者・グループ,不正行為の態様等,事案の内容を明示し,かつ不正とする科学的な合理性のある理由を示してください。

 告発書〔PDF版〕 〔MS-Word版〕

4 告発の対象となる不正行為

「不正行為」とは,故意又は研究者としてわきまえるべき基本的な注意義務を著しく怠ったことによる次の行為をいう。ただし,悪意のない誤り及び意見の相違による場合並びに当該研究分野の一般的慣行に従ってデータ及び実験記録を取り扱う場合を除く。

 一 捏造(存在しないデータ,研究結果等を作成すること。)
 二 改ざん(研究資料,機器,過程を変更する操作を行い,データ,研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工すること。)
 三 盗用(他の研究者のアイディア,分析・解析方法,データ,研究成果,論文又は用語を,当該研究者の了解又は適切な表示なく流用すること。)
 四 上記に掲げる行為の証拠隠滅又は調査の妨害(追試又は再現を行うために不可欠な実験記録等の資料の隠蔽,廃棄及び未整備を含む。)

5 告発の対象となる者

本学の職員(当該告発に係る事実の発生の日において本学の職員であった者を含む。)

6 留意事項

  1. 本調査を実施する場合,告発者に対して,より詳細な情報提供など調査への協力をお願いすることになります。
  2. 告発者は,告発を行ったことを理由として,いかなる不利益な取扱いを受けることはありません。
  3. なお,調査の結果,当該告発が,調査対象者を陥れるため又は調査対象者の研究を妨害するため等,専ら調査対象者に何らかの不利益を与えること又は,本学や調査対象者が所属する組織等に不利益を与えることを目的とする告発であったことが判明した場合には,本学の規程等に従い,適切な処置をとることになります。