OHNCC 岡山大学病院頭頸部がんセンター

  • トップページ
  • サイトマップ

頭頸部がんの治療

手術療法

頭頸部は呼吸・食事(咀嚼・嚥下)等、人間が生きる上で必要な機能、さらに発声、味覚、聴覚など社会生活を送る上で重要な機能が集中しています。この部分に障害が起きると著しくQOL(Quolity of Life:生活の質)を低下させてしまいます。もちろんながら、顔面の形態の維持や表情の形成等の整容的な配慮も欠かせません。

つまり頭頸部癌の手術に際しては、癌を治すための根治性とQOLとのバランスを保った治療が必要となります。

そこで当センターでは耳鼻咽喉・頭頸部外科、形成外科、顎口腔再建外科(歯科)がチームを組んで手術に取り組んでいます。病変の切除を頭頸部癌を専門とする頭頸部外科医が行うことで根治性を高め、再建を専門とする形成外科医、咬合のスペシャリストである顎口腔再建外科医が頭頸部再建を行うことで術後のQOLをより高めています。

耳鼻咽喉・頭頸部外科が主に担当する手術としては以下のようなものがあります。

原発腫瘍の切除

癌の手術では、癌は見た目以上に細胞レベルで広範に広がっている(浸潤)ことが多いため、健常に見える周囲の組織(安全域)をつけて切除し根治性を高めます。

頸部郭清術

頸部のリンパ節は、リンパ管によってネットワークを形成しています。頭頸部癌の最初の転移は一般的には頸部のリンパ節に認められます。手術前の検査で転移リンパ節は1個だけ(あるいは0個)だったとしても、CTやMRI等の画像検査でも見つけられないような極小さなリンパ節転移が起こっている可能性もあります。そこで転移が起きることが多いとわかっている部位に含まれるリンパ節を周囲組織ごと掃除(切除)する手術を行い、その手術を頸部郭清術といいます。生きていくうえで必要な血管や神経などは温存しつつ、癌に侵された部分を切除します。

気管切開術

咽頭、喉頭に癌があるときや、手術や治療によって息をする道が腫れてしまい、一時的とはいえ呼吸ができなくなることがあります。その際に腫れている場所より下方の気管に穴を開けて呼吸の道を確保(気道確保)する手術を、気管切開術と呼びます。通常、頸部から気管に直接管を挿入した状態となり、声が一時的に出せなくなります。腫れや気管切開術の傷の状態をみて、通常4、5日で特殊な管に変えることで、声は出せるようになります。さらに気道の状態が良くなれば、管を抜くことで気管切開孔は閉鎖します。

※永久気管孔

咽頭、喉頭に癌があったり、誤嚥がどうしても改善しない時に、喉頭を摘出します。その際に呼吸をするために頸部に気管を縫いつけて作られた呼吸をするための穴を永久気管孔と呼びます。前述の気管切開孔と違い、一生閉じることはありません。

Pagetop