国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISHCHINESE
MENU

【在学生向け】新型コロナウイルス感染症対策を含めた学生生活の留意点

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大をうけ、以下のような対応とします。
 今後,新たなお知らせがある場合は,このページを更新しますので,定期的に確認していただきますようお願いします。
 皆さんが感染しないため,そして皆さんの周りの方々を感染させないため,以下についてご理解とご協力をお願いします。

  1. 学生のみなさんの通学,緊急事態宣言対象地域への移動及び入構について(1/13更新)
  2. 受診・相談の目安、感染した場合等について(12/18更新)
  3. 感染拡大予防について(1/13更新)
  4. 授業について(12/9更新)
  5. 通信環境について(2/19更新)
  6. 研究室における研究について(6/2更新)
  7. 正課外活動について(1/18更新)
  8. 健康診断について(5/21更新)
  9. 公欠について(12/25更新)
  10. 経済支援(授業料免除・奨学金等)について(3/2更新)
  11. 学生支援について
  12. 海外渡航について
  13. 海外からの帰国者・入国者について(1/27更新)
  14. 就職活動について(1/13更新)
  15. メンタルヘルスについて(4/17追加)
  16. 教科書販売について(11/27更新)
  17. 岡山大学生協からのお知らせ(5/21更新)
  18. 各種証明書の請求方法について(6/19更新)

1.学生のみなさんの通学,緊急事態宣言対象地域への移動及び入構について(1/13更新)

 緊急事態宣言の発出を受けて,学生のみなさんの通学,緊急事態宣言対象地域への移動及び入構について,以下のとおりとしますので,ご協力をお願いします。

通学及び対象地域への移動について
〇岡山県内または緊急事態宣言の対象外の地域から通学している方については,

  • 緊急事態宣言発令中は,対象地域への移動は自粛してください。
  • やむを得ない事情により,対象地域に移動した方は,帰宅後,体調確認のための期間として14日間(帰宅の日の翌日から数えて14日間)は経過観察(検温,健康状態の観察・記録等)を行ってください。ただし,発熱等の風邪症状がある等,体調に不調がある場合は,自宅待機のうえ,以下の「2.受診・相談の目安,感染した場合等について」に沿って行動してください。

〇緊急事態宣言の対象地域から通学している方については,

  • 大学に通学することを認めます。通学以外の外出については,当該地域の制限に従ってください。
  • 通学する場合は,毎日,経過観察(検温,健康状態の観察・記録等)を行ってください。ただし,発熱等の風邪症状がある等,体調に不調がある場合は,自宅待機のうえ,以下の「2.受診・相談の目安,感染した場合等について」に沿って行動してください。

引き続き,大学に登校(入構)する際は,以下のことを守ってください。

  • 大学への登校(入構)については,体調に異常のないことを条件に認めます。
  • 登校(入構)する際は,マスクを着用してください。特に,講義室等で対面授業を受講する際は,必ずマスクを着用してください。
  • 手洗いや手指消毒を心がけてください。
  • 構内での3密(密閉・密集・密接)を避け,授業及び用務の終了後,速やかに帰宅してください。

【本件担当】学務部学務企画課 TEL 086-251-8423
apg-gakumu◎adm.okayama-u.ac.jp
※@を◎に置き換えています。

2.受診・相談の目安、感染した場合等について(12/18更新)

【受診・相談の目安】
●発熱等の風邪症状がある場合は「かかりつけ医」等に相談してください。
●「かかりつけ医」がいない場合は県ホームページで探すか受診相談センターに電話相談してください。

◆ 新型コロナウイルス受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)
 <新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター(厚生労働省ホームページ)>

風邪・インフルエンザ・新型コロナウイルス感染症は、いずれも発熱や咳など初期症状が似ています。
こうした症状がある場合は、無理して登校(入構)せず、上記に示す「かかりつけ医」等で相談・診療・検査をしてもらってください。  ※受診をするときは、必ず電話予約とマスクをしてください。

【感染した場合や感染が疑われる場合】
●以下に該当する場合は、速やかに所属部局及び保健管理センターへ連絡してください。

  • 新型コロナウイルス感染症と診断された
  • 家族が感染者・濃厚接触者となった
  • 保健所等から感染者と接触の可能性がある旨の連絡を受けた
  • 接触確認アプリで通知を受けとった   等 

●感染した場合や感染が疑われる場合、保健所の待機要請解除の指示があるまで登校しないでください。
●待機期間終了後、登校再開前に保健管理センターに経過を報告してください。

保健管理センター TEL 086-251-7217(平日8:30 ~ 17:00)
新型コロナウイルス感染症の感染が疑われる場合等の対応フロー(学生・教職員用)

【本件担当】保健管理センター TEL 086-251-7217
Mail:hokekan1◎cc.okayama-u.ac.jp
※@を◎で置き換えています。

3.感染拡大予防について(1/13更新)

 発熱などの風症状がみられるときは、無理せずに自宅で休養してください。体調不良時に外出しないことが感染拡大予防につながります。

 夜間も含め、「3つの密」(換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、近距離での会話や発話が生じる密接場面)を避けることを徹底し、感染拡大のリスクを高める行動により感染を拡大させることのないよう注意をお願いします。絶えず大声を出さないなど、日常的に注意をお願いします。
 友人等との会食やいわゆる飲み会、サークル旅行など多人数での集団旅行や、課外活動におけるイベント・合宿における感染リスクについては、特に注意を払うようお願いします。

〇感染リスクが高まる5つの場面
 クラスターは次に示す「感染リスクが高まる5つの場面」で多く発生していますので、十分に留意してください。
 (1)飲酒を伴う懇親会等
 (2)大人数(例えば5人以上)や長時間におよぶ飲食
 (3)マスクなしでの会話
 (4)狭い空間での共同生活  
 (5)居場所の切り替わり(休憩時、更衣時等)

  「感染リスクが高まる5つの場面」
  「寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント」
  「感染事例・県内のクラスター事例からの提言」

〇新しい生活様式
 外出時には、手洗いやマスク着用の徹底、人との距離を保つなど、「新しい生活様式」を実践し、感染を予防しましょう。特に、多くの人が利用するコンビニやスーパー、公共交通機関を利用する際など日常的な外出の際にもマスク着用の徹底をお願いします。
 「新しい生活様式」の実践例

〇県外への移動について
 不要不急の県外への移動は避け、東京圏や大阪圏など感染が続いている地域へ移動する場合は、移動先の流行状況や各都道府県が出す情報等を確認し、慎重に行動すること。
参考URL
<参考1> Yahoo Japan 新型コロナウイルス感染症まとめ
「国内外の発生の状況」都道府県別感染者数の日本地図下の該当都道府県をクリック
<参考2> 東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト

〇自分の体調に気をつけ、自分自身で健康管理を。
 食事と睡眠をきちんと取り、健康を維持するようにしましょう。体温の計測(自分用の体温計を準備しておくこと)や呼吸器系の状態について観察を行い、記録することも有効です。

〇正しい情報に基づき、適切な判断を。
 うわさや思い込みによる軽率な行動を引き起こすことのないよう、また、憶測だけの不用意なSNS投稿を行わないなど、岡山大学の学生として、適切な情報収集と正しい理解に努めてください。

〇岡山県新型コロナウイルス対策本部(令和2年12月16日~ 県からの協力のお願い等)
新型コロナウイルス感染症について(岡山県)

4.授業について(12/9更新)

 冬季休業期間中には多くの学生のみなさんが実家等に帰省し、また岡山にも全国から多くの帰省者が訪れることが考えられ、冬季休業明けの学内における感染が起こらないような対策が必要になります。
 つきましては、冬季休業明けの対面授業等での学内における感染リスクを軽減するため、冬季休業後の1月5日(火)~1月14日(木)の間、原則として全ての講義をオンライン授業とし、段階的に対面の活動を増やすこととします。ただし、オンラインでは実施することが難しい実験・実習・実技科目、学部学生の卒論指導、大学院生の研究指導は、対面であっても実施できることといたしますので、詳細は、担当教員または学部・研究科等の指示に従ってください。

 各授業科目の実施方法は、各学部の専門教育科目及び大学院の授業科目については、各学部・研究科の指示に従ってください。教養教育科目については、こちらを確認してください。

 なお,授業実施における感染対策に関する基本的な考え方は,こちらを確認してください。

【本件担当】学務部学務企画課 TEL 086-251-8423
apg-gakumu◎adm.okayama-u.ac.jp
※@を◎に置き換えています。

5.通信環境について(2/19更新)

 オンライン授業の実施方法によっては,動画を利用するものもあり,データ通信量の大幅な増加が予想されます。ついては,自宅のインターネット接続環境を整えるようにしてください。

 また, 2021年度以降も,対面授業とオンライン授業が混在して開講されることになります。一般教育棟の授業で使用していない講義室でWi-Fiを使ってオンライン授業の受講が可能ですので,必要な場合はご利用ください。利用する場合は,必ずマスクを着用し,3つの密(密閉・密集・密接)を避けてご利用ください。

【本件担当】学務部学務企画課 TEL 086-251-8423
apg-gakumu◎adm.okayama-u.ac.jp
※@を◎に置き換えています。

6.研究室における研究について(6/2更新)

 本学では、徹底した感染防止策と研究活動の両立を段階的に進めており、学部学生・大学院生の研究室における研究活動(ゼミ形式の研究関連活動を含む。)についても、学位取得が目前に迫った方を中心に、一部に限り実施が認められています。詳細は、各指導教員へお尋ねください。

7.正課外活動について(1/18更新)

【正課外活動に関する感染防止対策】
●毎日検温し、以下の症状がある学生は、当日の活動を禁止する。
平熱以上の発熱又は咳・喉の痛み等の風邪症状
倦怠感又は呼吸困難等の自覚症状
嗅覚又は味覚障害の自覚症状

●運動を伴う活動、楽器演奏、発声等を除いて、原則マスク着用を義務付ける。
(大声を出す場合は、可能な範囲でマスク・フェイスシールドを着用)

●以下の活動は、必要最小限とする(回避するか、最大でも15分以内とする)。
他者との連続接触や組み合う活動、向かい合って発声する活動は必要最小限とする、若しくは最大でも15 分以内とする。連続接触した後は、直ちに顔に触れないよう手指消毒を行う。

●他者との距離は、可能な範囲で2m(最低1m)を確保する。
●密集する施設については分散利用する。
●密閉する施設については、30分ごとに10分間は換気を行う。
●当日の活動前と活動終了後(帰宅前)に、水と石けんを使用して30 秒以上の丁寧な手洗いを行う。(手指消毒薬の使用が望ましい。)
●用具、ドアノブ、スイッチ等については、使用前後に消毒を行う。用具等については、使用前に消毒を行う。
●ゴミ(ティッシュペーパーやドリンクボトル等を含む)の処理・廃棄は、ビニール袋等に入れて、各自持ち帰る。
●一般社団法人大学スポーツ協会または各競技連盟等のスポーツ活動再開ガイドラインを遵守する。

【許可する活動内容等】 
●すべての本学正課外活動施設及び体育施設(沖元ボート艇庫及び牛窓ヨット艇庫を含む。)の利用
●学外施設(ホール、集会場、音楽スタジオ、体育館、グラウンド、テニスコート、水泳プール、アイススケートリンク、ジムカーナ場等)の利用
●岡山県内開催のスポーツ大会、対外試合、学外者との練習試合、コンサート、ライブ等への出場・参加
(ただし、対外試合やコンサート等に県外者が参加する場合、あるいは宿泊を伴うものは不可とする。屋内・屋外の収容定員の50%(5,000人)を上限とする。)

●本学校友会クラブ及び同好会の主催する前項のイベントや行事の開催
(岡山県内者のみ、宿泊を伴うものは不可)

●他大学との共同練習(当該他大学が正課外活動を禁止していない場合に限る。)
●以下に掲げる新入生勧誘活動
不特定多数の新入生に対するチラシ配布
活動や練習等の見学・体験
岡山大学校友会ホームページ及び各団体が独自に作成するホームページやSNSなどによる新入生に向けた情報発信、Zoom等を利用したオンライン説明会等

※なお、全国大会・地方大会等の公式戦への出場については、個別に申請し、許可された大会等のみ出場可とする。

【許可しない活動内容等】
●学内外での合宿、岡山県外への遠征等
●岡山県外開催のスポーツ大会、対外試合、学外者との練習試合、コンサート、ライブ等への出場・参加
●本学校友会クラブ及び同好会の主催する前項のイベントや行事の開催(岡山県外者を含むものは不可)
●学内外における大人数での会食・飲み会・懇親会等
●以下に掲げる新入生勧誘活動
学内外における飲食・会食

【本件担当】学務部学生支援課 TEL 086-251-7179
dbe7184◎adm.okayama-u.ac.jp
※@を◎に置き換えています。

8.健康診断について(5/21更新)

2020年4月14日(火) 以降延期しておりました健康診断を再開します。混雑緩和のため、新入生も予約制とします。保健管理センターのホームページから予約を行ってください。
 ※詳細や今後の予定については、保健管理センターHPを確認ください。

【本件担当】保健管理センター TEL 086-251-7217

9.公欠について(12/25更新)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、以下のとおり公欠の範囲を拡大します。発熱等の風邪の症状がある方は、医師の診断がなくても公欠として扱いますので、ためらわずに大学を休んでいただき、自宅等で静養してください。
 新型コロナウイルス感染症関係用の授業公欠届は以下のとおりです。Wordファイルに入力のうえ、可能な範囲で事前に、メール等で所属部局の教務担当まで提出してください。
 〇 授業公欠届(新型コロナウイルス感染症関係)

  • 新型コロナウイルス感染者と接触の可能性がある旨,保健所等から連絡を受けた場合 … 保健所から通学の許可が出るまで
  • 風邪の症状(発熱・咳・強いだるさ等)又は味覚障害・嗅覚障害などの体調不良の場合 … 主要症状が消失した後5日を経過するまで
  • 海外から帰国・再入国した者が、経過観察のため自宅待機する期間 … 14日間
  • 日本の入国制限、日本への渡航制限又は航空便の欠航等により、授業開始までに入国ができない場合
  • 基礎疾患による重症化リスクに対する不安,公共交通機関利用に対する不安,各都道府県からの県境を越える移動の自粛要請等の理由により,通学及び対面授業を受けることが困難な場合

【本件担当】学務部学務企画課 TEL 086-251-8423
apg-gakumu◎adm.okayama-u.ac.jp
※@を◎に置き換えています。

10.経済支援(授業料免除・奨学金等)について(3/2更新)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による家計急変への支援について

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により授業料納付が因難になった方に対する授業料免除(大学独自制度)について(3/2更新)
    新型コロナウイルス感染症の影響により、授業料納付が因雜になった方が、以下の条件を満たす場合は、授業料免除を申請いただくことができます。
    詳しくは、2021年度 前後半期一括/前半期分 授業料免除申請について(大学独自制度)を参照してください。
  • 日本学生支援機構の奨学金(家計急変等)の申込(随時)
    生計維持者の死亡や事故、病気など予期できない事由で家計が急変し、奨学金を緊急に必要とする場合は、随時申込むことができます。
    ※新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変し、修学が経済的に困難になった方も要件を満たせば、申請が可能です。
  • 日本学生支援機構 「緊急特別無利子貸与型奨学金」の申請について(2/1更新)
    →受付は終了しました。
    日本学生支援機構HPで詳細を確認のうえ、学務部学生支援課奨学金担当窓口でご相談ください。
    要件(抜粋)
    ①生活費・学費に占めるアルバイト収入の占める割合が高いこと
    ②学生等本人のアルバイト収入について、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により大幅に減少(新型コロナウイルス感染症拡大前より50%以上減少)したこと
  • 「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』申請について(8/4更新)
    新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、新たに学生支援緊急給付金事業(令和2年5月19日閣議決定)が創設されました。
    この事業は、新型コロナウイルス感染症の影響によるアルバイト収入の減少などにより学生生活の継続に支障をきたす学生等を対象に緊急で現金給付の支援を行う国の事業です。
    1次募集・2次募集 →受付は終了しました。
  • 緊急生活支援金制度について(5/13更新)
    新型コロナウイルス感染拡大の影響により収入が絶たれ,親族等の援助や奨学金等もなく,日々の食事の確保が困難である,真に生活に困窮している学生(外国人留学生を含む。)に対し,1人3万円の経済支援を行います。 →受け付けは終了しました。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国民年金保険料学生納付特例に係る臨時特例措置について
    20歳以上の方は、原則として国民年金保険料を納めることが義務となっています。
    一定の所得基準以下の学生の方は、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」がありますが、新型コロナウイルス感染症の影響により、アルバイト収入の所得が相当程度下がった場合は、臨時特例措置として、簡易な手続きによる学生納付特例の申請が可能となりました。
    詳細はこちらをご覧ください。→日本年金機構特設ページ

11.学生支援について

 新型コロナウイルス感染症の蔓延が拡大しており、学生の皆さんには日常生活も含め、見通しの立たない日々を過ごしていることと思います。このような状況で様々な活動や集まり,外出機会等が制限され、通常の活動が出来ないことや感染に関する不安でストレスを感じている人も多いと推察します。また、もし体調に不安が生じた時にも、ウイルスに罹患していた場合に置かれる状況等を考え、受診をためらう気持ちを起こす方がいるかもしれません。しかし、大学は、罹患した学生や罹患が深刻な地域に在住している学生が、いわれなき誹謗中傷や風評にさらされること無く、安心して学生生活を過ごせるよう努めていきます。大学には以下のような相談の窓口がありますので、学生の皆さんは一人で思い悩むこと無く、困ったことや不安がある場合は、遠慮なく相談をしてください。

【学生全般の相談1】大学会館1階 総合相談窓口
 E-mail: seikatsu_at_okayama-u.ac.jp
【学生全般の相談2】一般教育棟C棟1階 学生相談室
 E-mail: nayami_at_cc.okayama-u.ac.jp
【心身の健康相談】保健管理センター
 E-mail: hokekan1_at_cc.okayama-u.ac.jp
【障がい学生の相談】一般教育棟D棟1階 障がい学生支援室
 E-mail: shien-dr_at_okayama-u.ac.jp
【留学生の相談】一般教育棟C棟1階 留学生相談室
 E-mail: advising02_at_okayama-u.ac.jp
※メールアドレスは「_at_」を「@」に置き換えてください。

12.海外渡航について

 感染症危険レベルが3の地域については、渡航を中止してください。感染症危険レベルが2の地域については、不要不急の渡航は自粛してください。
  ○ 外務省 海外安全ホームページ
 海外へ渡航する場合は、必ず「派遣留学支援・海外渡航登録システム」により、留学渡航届、私事渡航届のどちらかの登録を行うとともに外務省が開設する「たびレジ」(3か月未満の海外滞在)または「在留届ORRnet」(3か月以上の海外滞在)への登録を徹底してください。

13.海外からの帰国者・入国者について(1/27更新)

 海外から帰国・再入国するすべての方は、出国前72時間以内に実施された新型コロナウイルス感染症に関する検査を受け、「陰性」であることの検査証明を入国時に検疫官に提出する必要があります。

 海外からの帰国者・入国者は、全員保健管理センターに電話連絡してください。帰国後・入国後14日間の自宅待機を経た上で、健康状態に問題がないことを確認後、大学への通学を許可します。

【本件担当】保健管理センター TEL 086-251-7217

14.就職活動について(1/13更新)

緊急事態宣言が発令された地域における就職活動について,学生の皆さんは,次のとおり対応してください。

1.当該地域へ移動しての就職活動は、緊急事態宣言発令期間中は行わないようにしてください。また,当該地域の企業等から来訪の要請があった場合は,大学から禁止されている旨を説明し,要請を断ってください。ただし,WEB 面接等で企業等に出向かない就職活動は妨げません。

2.今回の措置により,選考過程において学生に不利益が生じる恐れがある場合は,大学として当該企業等へ強く申し入れをするので,キャリア・学生支援室へ連絡してください。

当該地域以外で就職活動をする学生は,手洗い,手指消毒,マスク着用の徹底とともに,出来る限り3密を避ける行動を心掛けてください。また,岡山に戻ってきてからは毎日体温を測定し,体調に不安がある場合は,キャリア・学生支援室に連絡してください。

連絡先:キャリア・学生支援室
    MAIL:shushoku◎adm.okayama-u.ac.jp
   ※@を◎に置き換えています。

【本件担当】キャリア・学生支援室 TEL 086-251-7198, 8464

15.メンタルヘルスについて(4/17追加)

16.教科書販売について(11/27更新)

 各教科書販売店の第4学期教科書販売期間は以下のとおりです。

〇岡山大学生協ブックストア

  ※ご来店が難しい方向けに、宅配対応も致します。詳しくは、Text-itの案内をご覧ください。

〇泰山堂書店(鹿田本店)

  • 販売期間:12月1日(火)~4日(金)8:00~14:30
  • 販売会場:一般教育棟C棟1階ホール

  ※1、2学期と同じく宅配対応も致します。希望する方は、泰山堂書店教科書販売のお知らせをご確認ください。

※専門教育科目については、上記の販売店以外で販売されているものもありますのでご了承ください。

17.岡山大学生協からのお知らせ(5/21更新)

大学生協について,5月22日(金)より一部食堂の営業を再開します。詳細はこちらを確認ください。

18.各種証明書の請求方法について(6/19更新)

 各種証明書は,原則として,学内にある証明書発行機で発行してください。
 大学に登校することが難しい場合は,郵送により対応致しますので,詳細はこちらを確認し,請求してください。

【本件担当】学務部学務企画課 TEL 086-251-8424
daf8423◎adm.okayama-u.ac.jp
※@を◎に置き換えています。