国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISHCHINESE
MENU

日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構「奨学金相談センター」

奨学金の申込み希望者や受給者からの、貸与、給付及び返還に関するお問合せを受付しています。
0570-666-301(ナビダイヤル)
※受付時間 月曜~金曜9時~20時(土日祝日・年末年始を除く)
※通話料がかかります。
※貸与中又は貸与終了した方が相談する際には奨学生番号が必要になります。奨学生番号はお手元の「奨学生証」や「貸与奨学金返還確認票」等に記載されています。

貸与奨学金の種類

第一種奨学金(無利子貸与)と第二種奨学金(有利子貸与)の二種類があります。

貸与月額及び学力・家計基準

貸与月額及び家計基準は、日本学生支援機構ホームページでご確認ください。

学力基準(2020年度)

※ 基準を満たしていても機構の予算の関係で採用されない場合があります。
※ 成績不振により留年中の方は申込みできません。

学部生の場合
1年生
第一種奨学金調査書の学業成績の平均値が3.5以上または高等学校卒業程度認定試験に合格している者(注1)
第二種奨学金岡山大学に入学したことで学力基準を満たしているとみなします
2年生
第一種奨学金
  • 医学部医学科以外
    標準修得単位数を満たしており、かつ「A+」+「A」+「B」の単位数が「C」の単位数を上回っている者(注1)
  • 医学部医学科
    進級判定に合格しており、かつ「A+」+「A」+「B」の単位数が「C」の単位数を上回っている者(注1)
第二種奨学金
  • 医学部医学科以外
    標準修得単位数を満たしている者
  • 医学部医学科
    進級判定に合格している者

(注1) 平成29年度以降入学生かつ住民税非課税世帯の者は第二種奨学金の学力基準に準じます。

大学院生の場合
修士・博士前期課程及び専門職大学院課程
第一種奨学金大学等・大学院における成績が特に優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる者
第二種奨学金 1.、2.のいずれかに該当する人
  1. 大学等・大学院における成績が優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる者
  2. 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
博士・博士後期課程及び博士医・歯・獣医・薬学課程
第一種奨学金大学・大学院における成績が特に優れ、将来、研究者として自立して研究活動を行い、またはその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力を備えて活動することができると認められる者
第二種奨学金 大学・大学院の成績が優れている者もしくは学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者

貸与奨学金の申込

予約採用 (入学前の申込)

学部生進学する前年に出身高校で申込してください。
大学院生岡山大学では教育学研究科・自然科学研究科・環境生命科学研究科・ヘルスシステム統合科学研究科・法務研究科進学希望者を対象として実施しています。
対象となる方には合格通知に資料を同封しますので確認してください。(該当研究科へ進学する場合でも合格時期によっては対象となりません。その場合は、入学後に在学採用でお申込みできます。)
【2021年4月入学者用】
収入計算書【用紙②】(両面印刷)
収入証明書(様式1)
収入見込み証明書(様式2)

在学採用 (入学後の申込)

学部生5月に募集します。詳細については奨学金・授業料免除に関する掲示板及び4月に開催する「奨学金説明会」で確認してください。
  (様式)単身赴任実費計算書 【2020年度申請用】
  (様式)長期療養費計算書 【2020年度申請用】
大学院生4月に募集します。詳細については奨学金・授業料免除に関する掲示板にて確認してください。
※ 秋季入学者のみ10月にも募集があります。

【2020年度申請用】
収入計算書【用紙②】(両面印刷)
収入証明書(様式1) / 収入見込み証明書(様式2) ※該当者のみ 
第一種奨学金再貸与に係る申請書 ※該当者のみ

緊急・応急採用 (緊急の申込)

家計の急変(家計支持者が失職・病気・事故・会社倒産・死別又は離別・災害等)で奨学金を緊急に必要とする場合は随時申請可能です。
詳細については窓口にてお問合せください。

※新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変し、修学が経済的に困難になった方も要件を満たせば、申請が可能です。詳細は以下の日本学生支援機構Webサイトをご覧ください。(給付金奨学金は学部生が対象です。大学院生は対象ではありません。)
日本学生支援機構Webサイト

貸与奨学金の継続手続き

毎年1回(例年12月頃)貸与奨学金の継続意思を確認します。学校が定めた期限内にインターネットにより「奨学金継続願」を提出してください。
詳細については奨学金・授業料免除に関する掲示板にてお知らせします。
※ 期限内に継続手続きを行わなかった場合、奨学金は「廃止」となり、貸与奨学生としての身分を失います。
ただし、継続手続きを行った場合でも、「適格認定」の結果によっては、必ず翌年度も継続して貸与されるとは限りません。
※ 学部から大学院、大学院(修士・博士前期)から大学院(博士・博士後期)へ進学する方で、今後も奨学金の貸与を希望する方は、「継続」 ではなく、新たなに申請が必要です。(在学採用の募集は例年3月下旬頃に掲示でお知らせします。)

■2020年度 「奨学金継続願」の提出手続きについて 

※以下は貸与奨学金の手続き方法です。    (新・給付奨学金の手続きは こちら) 
提出期間2020年12月15日(火)~2020年12月28日(月)
2021年 1月 4日(月)~2021年 1月 7日(木)
※年末年始12/29~1/3は入力できません。
提出方法学部学生のみなさんへ(こちらをチェック)

大学院生のみなさんへ(こちらをチェック)

※上記の中にある「入力準備用紙」を必ず印刷・必要事項を記入し、
 内容に誤りがないか再確認した上で、スカラPSへ入力すること。

※「入力準備用紙」の提出を求めることがあります。提出が必要な方には大学から個別連絡しますので、記入後、来年度4月の振込が確認できるまで保管しておくこと。
収支の差が基準以上の場合収支の差が、学部生:35万円/大学院生:44万円以上の場合
以下のいずれかの手続きを行う必要があります。

No1 辞退(スカラPSからの提出で「奨学金の継続を希望しません」を選択
No2 貸与月額変更願(減額) 第一種奨学金・ 第二種奨学金
No3 面接用紙
奨学金を既に辞退・休止中もしくは停止中のみなさんへ既に辞退・休止中もしくは停止中のみなさんへ
辞退・退学する場合異動願(届)
奨学生証を紛失した場合再交付願

適格認定

「奨学金継続願」で次年度の奨学金継続を希望した人について、学業成績等を総合的に審査し、継続の可否等が判定されます。
(奨学金継続願対象外であった人についても「適格認定」を行います。)

※「適格認定」の概要については、貸与奨学生に配付される「奨学生のしおり」を参照してください。

※ 個別の認定結果についての照会には一切応じられません。「継続」の場合は4月に振込されますので、振込を確認してください。(4月の振込日は通常より遅いです。振込日は、日本学生支援機構ホームページの振込日カレンダー をご確認ください。)なお、「廃止」となった場合は6月中旬以降に、「停止」「警告」となった場合は4月末~5月末(予定)にご本人へ通知します。

異動の手続き

次のような場合は届出が必要ですので窓口に提出してください。

※ホームページへ掲載していない様式は窓口にあります。奨学生番号が分かるものとハンコを持って手続きにきてください(シャチハタ・スタンプ印不可)。
※様式が毎年4月に変更になります。最新の様式を使用してください。
※ハンコは朱肉で鮮明に押してください(シャチハタ・スタンプ不可)。訂正が必要な場合に備えて、書類提出時にハンコを持参してください。

奨学金貸与中に休学・退学・留学する場合
奨学金を辞退したい場合
奨学金を復活したい場合(①休学・留学からの復活)(②留年による停止からの復活)
貸与奨学金・・・  異動願(届)(様式1-1)2020.04
①復活の異動願(届)(様式1-2)2020.04 ②奨学生学修状況届(様式23)2020.04
給付奨学金・・・ 異動願(届)
奨学金の月額を変更したい場合
貸与奨学金・・・第一種奨学金(増額)(様式2-1) ・  第一種奨学金(減額)(様式2-2)2020.04
          第二種奨学金(増額)(様式2-3) ・  第二種奨学金(減額)(様式2-4)2020.04
給付奨学金・・・給付奨学金月額変更願(届)
奨学金の振込口座を変更したい場合
奨学金振込口座変更届(様式4)2020.04 提出期限:変更開始希望年月の前月15日
留学中も引き続き奨学金の貸与を希望する場合(国費留学などは認められません)
留学奨学金継続願
※2019年度から、留学または在学の身分で留学する場合、書類提出が不要になりました。ただし、留学中も年1回の継続手続き(インターネット)が必要です。手続期間や方法を岡大HPと岡大Gmailでお知らせしますので、留学中も確認してください。
留学・病気等により卒業(修了)期が延期する方で、奨学金の延長を希望する場合(第二種奨学金のみ)
第二種奨学金貸与期間延長願
編入学後も引き続き奨学金の貸与を希望する場合
編入学奨学金継続願
転学部した場合
転学部(科)届
改氏名する場合
改氏名届(様式3)2020.04
住所を変更した場合
貸与奨学金・・・ 住所変更届(様式15)2020.04
給付奨学金・・・在籍報告または継続手続きの際にインターネット上で変更してください。
連帯保証人・保証人・本人以外の連絡先・親権者を変更する場合
連帯保証人・保証人等変更届(様式5)2020.04
第一種奨学金 返還方式の変更を希望する場合
第一種奨学金 返還方式変更届(様式31)2020.04
※人的保証の方が、所得連動に変更する場合、機関保証に変更する必要があります。その場合は、提出書類が異なりますので、窓口で申し出てください。(保証料を一括で支払う必要があります。)
第二種奨学金 利率算定方法の変更を希望する場合
第二種奨学金「利率の算定方法」変更届(様式11)2020.04
※貸与終了前の一定期間において変更することができます。満期で終了する方の期限は、満期書類を配付する際にお知らせします。それ以外の方は窓口でお問合せください。

返還誓約書等の提出

採用後に「奨学生証」や「奨学生のてびき」などと一緒に「返還誓約書」を送付します。
送付時にご案内する期限内に必ず提出してください。
提出のない場合、「返還誓約書未提出者」として採用時にさかのぼって奨学生の身分を失います。(すでに振り込まれた奨学金全額を速やかに一括返還する必要があります。)

<貸与奨学生のしおり>2020年度版

<返還誓約書の記載内容に誤りや変更がある場合>
「返還誓約書の訂正」と「返還誓約書記載事項訂正届(様式25)」の提出が必要です。
必ず、訂正の方法を「貸与奨学生のしおりP42・43」で確認してください。
【様式25】返還誓約書記載事項訂正届(両面印刷)20.4
※記入を誤った場合は、新しい用紙に再度記入してください。返還誓約書の訂正は、各欄の本人が行う必要がありますが、【様式25】は学生本人がすべて記入しても構いません。 
※親権者が2人(父母)いるが、1人しか印字されていない場合、親権者(2)に記入及び様式25の提出が必要です。
※連帯保証人や保証人を変更する場合、返還誓約書の印字を新しい保証人等に二重線で削除・押印してもらった上で、記入及び様式25の提出が必要です。(選任条件に合っているか奨学生のしおりでご確認ください。)

<連帯保証人や保証人が一時的に海外に在留している場合>
 印鑑登録証明書が取得できない場合、在外公館(日本大使館・領事館) にて「署名証明書」(サイン証明)を取得し,印鑑登録証明書の代わりに添付してください(署名証明書を取得する場合は,在外公館にて係官の面前で署名をする必要があります)。 また住所については,国内住所のみの登録となっていますので,海外在留中は,国内にて連絡 がつく先を住所として登録してください。 なお,この場合に限り,印字住所と印鑑登録証明書記載の住所との一致は求めません。

奨学金返還手続き

貸与期間満了(満期)する方

10月頃(予定)掲示・HPにて“奨学金返還手続き書類”の交付についてお知らせしますので、定められた期限内に受取・手続きを行ってください。
※ 奨学金を返還するための引落し口座(リレー口座)への加入手続き等を行っていただきます。

年度途中で貸与終了する方

日本学生支援機構から“奨学金返還手続き書類”が届き次第(貸与終了手続き後2カ月を目途)連絡しますので、定められた期限内に受取・手続きを行ってください。
※ 奨学金を返還するための引落し口座(リレー口座)への加入手続き等を行っていただきます。

在学による返還猶予の申請手続き

奨学金の貸与終了後、大学または大学院に在学している場合、「在学猶予願」の提出により、その卒業(修了)予定期まで返還が猶予されます。希望者は以下のとおり手続きを行ってください。
なお、2020年3月以前に取得(承認)された在学猶予年数に関わらず、令和2年4月以降における在学猶予制度の適用期間は、最長10年となりました。

提出方法

日本学生支援機構「スカラネット・パーソナル」から提出します。
提出手順は、日本学生支援機構ホームページ・在学猶予願の提出で確認してください。

※入力に必要な学校名・学校番号・区分コードは以下のとおりです。
学校名(漢字)岡山
学校名(カナ)オカヤマ
学校番号・区分コード学部・別科・専攻科・大学院(下記以外):107003-01
法務研究科:107003-60

提出期限

<各年度4月1日受付スタート>  毎月15日締切

※新入生(学部から大学院への進学含む)の方は、入学後、「新しい学生番号」で提出してください。  
※予約採用により採用候補者となり、「進学届」において前奨学生番号を入力した(する)場合は、手続の必要はありません。
※卒業延期や留年が決まり、次年度の在学猶予を受けたい方は4月に入力してください。

注意事項

・日本学生支援機構で、在学猶予が承認されるまで日数がかかります。返還開始の到来(貸与終了後または前回在学猶予期間終了後7ヶ月目)に各自注意して、希望者は早めに提出しましょう。
・「進学」「辞退」の場合は、卒業(修了)予定年月まで猶予を願い出ることができます。
・「留年」した場合は、1年ごとの期間で提出してください。(1年を超える期間の猶予を願い出ることはできません。)
・内容確認のため、電話又は岡大Gmailで連絡することがありますので、大学からの連絡に注意しておいてください。
・在学猶予の手続き後に退学等により在学期間が短くなった場合は、必ず、在学届又はスカラネット・パーソナルより「在学猶予期間短縮願」を提出してください。

返還期限猶予制度・減額返還制度の申請手続き

奨学金の貸与終了後に返還が困難になった場合は、返還期限猶予制度や減額返還制度がありますので、すぐに(延滞になる前に)日本学生支援機構の奨学金相談センターに電話をして相談してください。
各制度の詳細については、日本学生支援機構ホームページで確認してください。

日本学生支援機構ホームページ

「返還中の手続き > 返還中の願出・届出」のページを参照してください。