国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISHCHINESE
MENU

気象警報発表時の講義の取扱いについて

気象警報発表時の講義の取扱いについて

1.休講の対象となる気象警報等

「暴風警報」「暴風雪警報」「大雪警報」及び全ての「特別警報」
※「大雨警報」は対象となりません。
ただし,休講の対象となる気象警報が発表されていなくても,気象状況又は交通機関の運行休止等により,大学の判断で授業を休講とする事があります。

2.休講の対象となる気象警報等の地域区分

キャンパス対象となる気象警報等の地域区分
津島,鹿田,東山,平井,八浜,津高,芳賀,牛窓岡山地域,岡山県南部地域,岡山県全域
倉敷倉敷地域,岡山県南部地域,岡山県全域
三朝鳥取地方気象台から発表の三朝町を含む地域
※三朝キャンパスでは「大雪警報」は休講対象にはなりません
上記以外当該キャンパスの所在地の管轄気象台から発表のその所在地を含む地域

3.休講となる授業

気象警報等の発表時間 休講となる時限(授業)
午前6時から午前8時40分(1限開始時刻)までに発表 1限~8限 その日の1~8限の全ての授業を休講
※気象警報が午前8時40分までに解除されても,1~8限の全ての授業を休講とします。
授業開始後(午前8時40分以後) 次の時限以降,8限までの全ての授業を休講(特別警報発表時は直ちに全ての授業を休講)
午後3時から午後6時(9限開始時刻)までに発表 9限~10限 その日の9~10限の全ての授業を休講
※気象警報が午後6時までに解除されても,9~10限の全ての授業を休講とします。
授業開始後(午後6時以降) 次の時限以降,10限までの全ての授業を休講(特別警報発表時は直ちに全ての授業を休講)

※ いずれの場合も,正課外活動は全て禁止とします。
※ 河川の氾らんや道路の冠水,浸水,土砂崩れなどにより,すぐに自宅へ帰宅することが危険であると判断した場合は,教職員の指示に従い,キャンパス内の安全な場所に避難するなどしてください。

4.確認の方法

学生のみなさんには岡山大学Gmail,学内掲示,本学のホームページ及びマスメディア等を通じて休講(予告を含む)等の情報をお知らせします。授業中の場合は,授業担当教員を通じてお知らせします。

5.その他,通学が困難な場合

授業が実施される場合でも,交通機関や通学路の状況により通学が危険な場合は,公欠の対象となりますので,各自で通学の適否を判断してください。
通学が困難だった場合,後日,所属学部(研究科)の教務担当窓口で公欠の手続をしてください。

【参考】
制度の詳細・公欠の手続について

本学ホームページの以下を参照してください。
ホーム> 在学生・保護者の方> 公欠・準公欠・その他の欠席について
https://www.okayama-u.ac.jp/tp/student/kouketsu_g.html

6.特別警報や気象災害への備えについて

普段から気象情報等に気をつけ,近くの避難所や避難経路を確認しておき,災害発生時には,冷静かつ適切な行動が取れるよう心がけてください。

<参考となるホームページ>
【本件お問い合わせ先】
学務部学務企画課
TEL:086-251-8424