学生生活

ホーム > 学生生活 > 公欠・準公欠・その他の欠席について

シラバス
システムの利用方法
履修・成績等
授業料・学費支援・保険
在学中の諸手続
大学におけるルール
学生生活
各種窓口案内
教育・研究プロジェクト

公欠・準公欠・その他の欠席について

(1)公欠・準公欠等について
  公欠・準公欠等について詳しくは,以下のページを参照してください。
   ・学生の通学が困難となる事由が発生した場合における授業等の取扱いについて
   ・気象警報発表時の講義の取扱いについて

(2)公欠・準公欠とならない授業の欠席について
 次の欠席届は,学生が公欠や準公欠とならない事由(主に,下表に掲げるもの)により授業を欠席をする場合に使用することができます。ただし,所属学部・研究科等により授業欠席の取扱い等が別途に定められている場合は,それに従ってください。

 欠 席 届
 ※両面印刷して使用してください。

 この欠席届を提出する場合は,記入した後,必要に応じて関連書類を添付の上,授業担当教員あてに直接提出してください。

 この欠席届の提出にかかわらず,成績評価に当たっての配慮を行うかどうかについては,各授業担当教員の判断に委ねられています。この欠席届の提出により,授業担当教員による成績評価における配慮を確約するものではありません。

 また,教養教育科目の定期試験を欠席する場合は,この欠席届を使用せず,教養教育科目履修の手引きに従って,受験延期願(追試験)の手続きを行ってください。

【欠席届を使用することができる主な授業欠席の事由】
本学の教育施設
以外で実施する
授業等
教育実習等 教育職員免許状又は保育士資格の取得のために必要な実習をいう。
介護等の体験 教育職員免許状(小学校及び中学校免許)の取得のために必要な体験をいう。
インターンシップ実習 本学の開講する授業で,単位認定を行う就業体験をいう。
学外研修等 学部・研究科等において実施する学外研修及び学外施設見学等をいう。
集中講義 授業実施期間中における集中講義をいう。
病気又はけが 学生の通学が困難となる事由が発生した場合における授業等の取扱いについて(平成21年9月16日学長裁定)第4に規定する,学生が感染症に罹患した場合等の取扱いによらない病気又はけがをいう。
課外活動 岡山大学公認サークルの活動に伴う大会等への出場をいう。
就職活動 授業実施期間中における就職活動をいう。

【本件お問い合わせ先】
学務部学務企画課教育支援グループ
電話:086-251-8423,8424