学生生活

ホーム > 学生生活 > 休学・退学・転学部・転学科等

シラバス
システムの利用方法
履修・成績等
授業料・学費支援・保険
在学中の諸手続
大学におけるルール
学生生活
各種窓口案内
教育・研究プロジェクト

休学・退学・転学部・転学科等の身上異動

休学

 休学をする場合は,事前に所属学部(研究科)の教務学生担当で手続き・在学期間・授業料等の詳細を確認して指導教員に相談の上,「休学願」に指導教員の承諾印を得て,所属学部(研究科)の教務学生担当へ提出してください。
  休学の願い出は,月日をさかのぼって願い出ることはできません。

【留意事項】
  1. 疾病,その他やむを得ない事由により,2ヶ月以上修学することができない場合は,医師の診断書(病気・けが等)又は詳細な理由書を添えて提出してください。
  2. 休学する期間は,休学願を提出する月の翌月以降の月の初日から1ヶ月単位です。引き続き休学する場合は,それまでに再度手続きを行ってください。
  3. 休学期間は,通算して2年を超えることはできません。ただし,特別な事情がある場合は,さらに1年以内の休学が許可されることがあります。
  4. 休学期間は,在学期間に算入されません。ただし,通算3ヶ月以下の場合に限り,在学期間に算入します。
  5. 休学を願い出る場合の休学期間・授業料の取扱いについては,早目に所属学部(研究科)の教務学生担当で説明を受けてください。
  6. 休学の手続きをせずに長期にわたり無断欠席をしたときは,その期間は在学期間に算入され,授業料も納入しなければなりません。

復学

 休学期間中に休学の事由が解消し復学する場合は,事前に所属学部(研究科)の教務学生担当係へ手続き等の詳細を確認して指導教員に相談の上,「復学願」に指導教員の承諾印を得て,所属学部(研究科)の教務学生担当へ提出してください。
  また,休学により授業料が免除されていた場合は,復学願提出時に復学する月以降の期間に係る授業料を納入しなければなりません。
  復学の願い出は,月日をさかのぼって願い出ることはできません。
  なお,休学事由が病気療養に関する場合は,医師の診断書を添付してください。
 
  休学期間が満了し復学する場合は,「復学願」は不要ですが,復学する旨を必ず所属学部(研究科)の教務学生担当へ連絡してください。

退学

 退学をしようとするときは,事前に所属学部(研究科)の教務学生担当で手続き・授業料等の詳細を確認して指導教員に相談の上,「退学願」に指導教員の承諾印を得て,「学生証」を添えて所属学部(研究科)の教務学生担当へ提出してください。
  退学の願い出は,月日をさかのぼって願い出ることはできません。
  また,退学する月の属する学期までの授業料を納入していなければなりません。

転学部・転学科等

 岡山大学では,皆さんが現在所属している学部・学科等から他の学部・学科等に移る転学部・転学科等(以下「転学部等」という。)の制度を設けています。
 本制度は,皆さんに転学部等を勧める制度ではありませんし,簡単に転学部等ができるというわけでもありません。

 転学部等の出願資格や選抜方法は,各学部等により異なります。
 出願受付期間も各学部で決まっていますので,転学部等を考えている場合は,早めに転学部等を希望する先の教務担当窓口に問い合わせしてください。

改姓名・本籍変更

 婚姻等の理由により改姓・本籍変更をされた場合は,所定の届出用紙に記入のうえ,所属学部(研究科)の教務学生担当へ提出してください。
  なお,改姓名の届出をされた場合,氏名を変更した新しい学生証の発行をします(申請は不要です)。新しい学生証は,作成されましたら,学務部学務企画課教育支援グループからご連絡いたします。

氏名の英字表記

 岡山大学では,氏名の英字表記を平成26年11月在学生より全学統一しています。

 日本国籍の場合:
  原則としてヘボン式ローマ字方式によります。但し,パスポートの記載がヘボン式によらない場合は,
 パスポートの写しを持参の上,所属学部(研究科)の教務学生担当に届け出てください。(所定様式を
 記入し,パスポートの写しとともに提出していただきます。)
  なお,姓名順,大文字小文字の記載は次のとおりとします。
   例)おかだい ももこ  (姓)OKADAI (名)Momoko

 外国籍の場合:
  原則として本人の申し出どおりとします。但し,印字できる文字数に制限があるため,個別に相談させて
 いただく場合があります。

住所変更・保証人変更

 住所変更や保証人変更があった場合は,速やかに所属学部(研究科)の教務学生担当へ申し出てください。住所変更手続きは学内パソコン端末機からインターネットでもできます(氏名変更は不可)。