学生生活

ホーム > 学生生活 > 研究奨励金(大学院生対象)

シラバス
システムの利用方法
履修・成績等
授業料・学費支援・保険
在学中の諸手続
大学におけるルール
学生生活
各種窓口案内
教育・研究プロジェクト

研究奨励金(大学院生対象)

この研究奨励金制度は,日本語のみの説明となっています。留学生で,研究奨励金申請手続き等について,日本語でのやりとりに不安のある方は,所属する研究室内の日本人学生等にサポートを依頼してください。なお,研究奨励金の申請期限は,発表した学会等の終了日から起算して3月以内となります。ただし,期末で修了する学生の申請期限は,別に定めます。 (The explanation for this research subsidy program is available only in Japanese. If you are an international graduate student and are interested in applying, please get advice on Japanese language support from a Japanese person, such as another student in your faculty research lab. In addition, you must submit the application within three months from the last day of the conference where you presented. However,international graduate students who complete their degree at the end of the semester will have a separate deadline.)

平成29年3月で修了する学生は,平成29年4月7日(金)までに申請してください。(これ以降は,受け付けません。)


☆平成25年4月1日から研究奨励金は,次のとおり改正されました。
 (平成25年3月31日以前に開催された学会等での発表は,6月30日(3月修了者は,4月
の別に定める日)まで申請を受け付け,改正前の制度が適用されます。【学会一覧表】や【シ
ステム入力マニュアル】にそちらで申請する場合のものを用意していますので,それを参照
して申請してください。申請書等は新しい様式のものをお使いください。)

 1 研究奨励金は,国際学会等での研究発表のみ支給となり,支給額は次のとおりです。
   ・国外で開催される学会等で発表した場合 10万円
   ・国内で開催された学会等で発表した場合 5万円
 2 国際学会等での発表とは,日本人については日本語以外,留学生については母国語
  以外(英語が母国語の者は英語でも可)で行われたものとなります。
 3 国内の学術組織(日本○○学会等)が主催する国際学会等でのポスター発表の場合
  は,開催場所にかかわらず,外国人発表者が30%以上の場合に支給対象となります。
 4 研究奨励金の申請期限は,発表した学会等の終了日から起算して3月以内となりま
  す。ただし,期末で修了する学生の申請期限は,別に定めます。
 5 研究奨励金は,4月入学者については4月~翌年3月,10月入学者については
10月~翌年9月までの1年間で最高20万円まで支給されます。
   詳細については,以下にある支給額の下表をご覧ください。

趣 旨

 国際的に活躍しうる研究者を育成するために,優秀な学生に対し経済的支援を行うことを目的とします。

※ 研究奨励金制度は,次の内規等で運用されています。

  【岡山大学研究奨励金に関する内規】(以下「内規」という。)
  【岡山大学研究奨励金に関する内規の申合せ】
  【岡山大学研究奨励金を銀行振込以外で支給することに関する基準】

該当者

 内規第2条第1項に定める「学長が別に定める国際学会等(以下「学会等」という。)」で,発表した大学院学生

  1. 学会等での発表が,研究チームで行われた場合は代表して研究発表を行った者(筆頭者等)にのみ支給します。
  2. 休学中の者は,大学院で研究活動をしていると認められませんので,休学中の発表は支給対象となりません。
学会等

 学会等とは,学術を目的とする組織(以下「学術組織」という。)が主催し,国際的な規模を持ち,かつ,参加者及び論文等が国際的に募集されているものです。(次の学長が別に定める学会等一覧表(以下「学会等一覧表」という。)をクリックすると,支給対象の学会等が表示されます。)

  【学長が定める学会等一覧表】
  【平成25年以前の学長が定める学会等一覧表】平成25年3月までの学会等で申請する者はこちらを参照
  ※【平成25年以前の国内で開催された国際を冠する学会等の申請方法】

   ※1 発表した学会等の名称が,学会等一覧表に記載のない場合は,次の【岡山大学研究奨励金
     受給に関する推薦書】
を添付することで,申請を受け付けます。(所属研究科教務担当窓口
     で研究科長印の押印を受けてください。)ただし,支給の可否は,学生支援センター学生生
     活支援部会の審査を経て,学生支援センター運営委員会で協議されます。

      【岡山大学研究奨励金受給に関する推薦書】
      【岡山大学研究奨励金受給に関する推薦書】

   ※2 学会等一覧表に記載する学会(Society等)には,学会が主催する学術大会,総会及び年会
     (Annual Meeting等)に相当する研究発表会等を含むものとします。学会が主催する学術大会,
     総会及び年会(Annual Meeting等)に相当する研究発表会以外の研究会やシンポジウム等は,
     主催及び共催されていても,その名称が明記されていない場合は,学会等一覧表の学会等に
     は該当しません。

   ※3 研究奨励金の支給に係る年度(4月入学学生にあっては4月~翌年3月,10月入学学生に
     あっては10月~翌年9月)をまたいで開催される学会等は,後の年度に開催されたものとして
     取り扱います。(例えば,4月入学学生の場合,3月30日~4月2日開催の学会等は,4月に
     開催されたものとなります。)

  【学会等での発表基準】

    学会等での研究発表とは,日本人については日本語,留学生については母国語(英語が母国語
   の者は英語でも可)以外の言語によって,口頭,ポスター及び実技等で行われたものとします。た
   だし,国内の学術組織が主催する学会等でのポスター発表の場合は,開催場所にかかわらず,全
   発表者の30%以上が外国人でなければ認められません
ので,申請時に全発表者が記載された
   資料を添付する必要があります。

学会発表の特例

 大学院教育学研究科において音楽教育又は美術教育を専攻する者が,国際的なコンクール(オーディションを含む。),公募団体展及び美術館展等において,作品発表又は演奏発表を行った場合は,学会等一覧表に記載のものと同等の発表を行ったものとみなし,内規第2条第2項各号の該当区分に掲げる額を支給します。

申請手続き
  1. 申請する学生は,次の「研究奨励金申請システム」に必要事項を入力してください。その後,学会等で研究発表してから,申請書等の必要書類を学務部学生支援課(一般教育棟A棟2階)に提出してください。
  2. 発表した学会等の終了日から起算して3月以内に申請しなければなりません。ただし,期末で修了する学生の申請期限日は別に定め,このページで通知します。

   ※1 申請日は,システムに入力の上,学生支援課に申請書等を提出し,不備なく受理された日と
     なります。
   ※2 システムへの入力は,できるだけ学会等での研究発表前にしてください。学会等の終了後に
     入力しても構いませんが,期末で修了する学生は「修了証書授与式」以後は入力できなくなり,
     申請不可となりますので,研究奨励金を受給できなくなります。
   ※3 大学院の前期(修士)課程から,岡山大学の後期(博士)課程に進学した場合,後期(博士)
     課程の学生として前期(修士)課程在籍中にした学会等での発表をシステムに入力できますが,
     その場合は在籍中の申請とは認められませんので,研究奨励金は支給されません。 

  【研究奨励金申請システム】

  【申請マニュアル】
  ※ システムの使用方法や申請に必要な書類は,こちらを参照してください。

  【平成25年3月までの申請マニュアル】
  ※ 平成25年3月までの学会等で申請する者はこちらを参照してください。

支給額

 研究奨励金は,年度(4月入学学生にあっては4月~翌年3月,10月入学学生にあっては10月~翌年9月)に2回まで,次の金額を支給します。

  1. 国外で開催される学会等で発表した場合 10万円
  2. 国内で開催された学会等で発表した場合 5万円
国内開催学会等 国内開催学会等 国外開催学会等 国外開催学会等 支給額
      5万円
      10万円
    10万円
    15万円
  15万円
    20万円
  20万円
20万円

 ※ 上記の表について,不明な点がある場合は,学務部学生支援課に相談してください。

支給時期

 研究奨励金は,原則として,申請日から2月以内に支給の可否を決定し,決定後,2月以内に支給します。

 ※ 目安としては,書類の不備等がなければ,学会等一覧表にある学会等の場合は,2月程度。
  学会等一覧表にない学会等の場合でも,原則として,4月以内には支給となります。

支給の特例

 帰国する外国人留学生のうち,「岡山大学研究奨励金の銀行振込以外での受給申請書」を提出し,学生支援センター学生生活支援部会において,銀行振込以外での支給がやむを得ないと認められた者は,特例として,現金又は外国送金での支給を受けることができます。

  【岡山大学研究奨励金の銀行振込以外での受給申請書】
  【外国送金債主&受取人情報登録申込票】

 ※ 原則として,帰国の1月前までに学務部学生支援課へ必要書類を提出してください。
  まずは,学務部学生支援課に相談してください。

問い合わせ先

【奨励金の制度に関すること】 学務部学生支援課(一般教育棟A棟2階)TEL 086-251-8438
                                                   内線7180

【申請システムに関すること】 学務情報システム開発室(一般教育棟A棟2階)TEL 086-251-7059