呼吸器・アレルギー内科

診療科長より

呼吸器・アレルギー内科は,主に胸部・呼吸器疾患全般の診療を担当しております。現在の医療は大きく転換期を迎えており,特に肺がんにおいては患者さん一人ひとりに対するゲノム情報を用いた個別化医療が進められております。我々は,治験・臨床試験・基礎研究を用いて呼吸器疾患の患者さんに対する医療を今以上に改善できるよう努めております。全力で患者さんに向き合い,最善の医療を提供します。

呼吸器・アレルギー内科長 木浦 勝行

対象疾患について

呼吸器・アレルギー内科は主に,胸部腫瘍性疾患,呼吸器・アレルギー疾患の診断・治療を行っています。
胸部腫瘍性疾患では,肺がん,胸腺腫・胸腺がん,悪性胸膜中皮腫に対するがん化学療法および集学的治療をまた,その他のがん腫として,乳がん,卵巣がん,胚細胞腫瘍,骨軟部腫瘍,胃がん,大腸がん,頭頚部がん,甲状腺がん,原発不明がんなど広範囲な腫瘍系に対して当院腫瘍センターと連携してがん化学療法を行っています。
呼吸器・アレルギー疾患では,気管支喘息・好酸球性肺炎・過敏性肺炎などのアレルギー性肺疾患,慢性閉塞性肺疾患(COPD)・びまん性汎細気管支炎などの閉塞性肺疾患,特発性肺線維症を含む特発性間質性肺炎・膠原病肺・サルコイドーシス・薬剤性肺炎などの間質性肺疾患,細菌性肺炎・肺抗酸菌症・肺真菌症などの呼吸器感染症,胸膜炎などの胸膜疾患,急性呼吸窮迫症候群,睡眠時無呼吸症候群などの診断・治療を行っています。

診療内容と特色について

胸部腫瘍性疾患では肺がんの治療を専門的に行っており,世界的にも良好な治療成績を報告しています。特に局所進行型肺がんの場合には,抗がん剤を用いた多剤併用療法,外科手術および胸部放射線治療をそれぞれ組み合わせた治療を積極的に行っています。また標準療法を変えるべく,新規分子標的薬剤を用いた個別化治療,免疫チェックポイント阻害剤など新たな免疫療法の治験,臨床試験に取り組んでいます。
呼吸器・アレルギー疾患では,各種症状に対する原因精査を行い病因に応じた適切な治療計画を立案しております。気管支喘息に対しては吸入ステロイド薬・気管支拡張薬などを用いた治療により健常者と変わらない生活を送れることを目指し,重症喘息に対しては抗IgE抗体,抗IL-5抗体などの抗体製剤の導入も積極的に検討しております。また間質性肺疾患に対しては,画像診断を基に気管支鏡検査などを実施し,適切な治療へと結び付けています。

診療科より患者の皆さまへ

呼吸器疾患は最も一般的な疾患系のひとつです。呼吸器疾患は多岐にわたり,肺がんや特発性肺線維症といった重篤な疾患も多く,呼吸苦など苦痛の症状が出現しやすい疾患でもあります。呼吸器・アレルギー内科スタッフは,地域医療とも連携して患者さんおよびご家族に寄り添いきめ細やかな医療,現在の最善の医療を提供できるよう日々努めております。治療方針の原則として,皆さまに病名の告知を行い,期待される効果のみならず予想される副作用も詳しく説明し,同意を得てから治療を開始しております。当診療科では,呼吸器疾患・固形腫瘍に対する治験・臨床試験を積極的に行っておりますので,ご不明な点がございましたらお問い合わせください。