がんゲノム医療中核拠点病院

  • トップ
  • がんゲノム医療中核拠点病院

がんゲノム医療中核拠点病院

岡山大学病院は平成30年2月14日付けで、「がんゲノム医療中核拠点病院」に選定されました。

がんゲノム医療中核拠点病院は、がんをはじめとする様々な病気の遺伝子検査や治療法の選定などを担当する中心的な医療機関であり、研究や新薬開発、がんゲノム医療に携わる人材育成の役割も担います。
岡山大学病院のほか北海道大学病院、東北大学病院、国立がん研究センター東病院、慶応大学病院、東京大学病院、国立がん研究センター中央病院、名古屋大学病院、京都大学病院、大阪大学病院、九州大学病院の11施設が選定されています。

がんゲノム医療外来受診について