バイオバンク

バイオバンク

活動内容・特色について

医学の進歩によって,以前は有効な治療法がなかった病気であっても,現在ではより効果的で副作用の少ない治療を選択できるようになってきています。このような革新的な進歩は,国内外で行われている様々な研究の成果によってもたらされています。今後もより良い医療を患者さんに提供するためには,これからも多くの研究が必要です。バイオバンクは,患者さんのご厚意によりご提供いただいた臨床検体(血液,組織,尿など)や診療情報(年齢,性別,治療歴など)を併せて保管・管理し,医学研究に効果的に役立てるための基盤です。岡山大学病院のバイオバンクでは,保管した臨床検体および診療情報を学内外の研究機関に提供し,基礎医学の研究や医薬品の開発に役立てていただいています。提供された検体・情報は,病気の診断・治療・予防,新薬の開発,新しい検査方法,治療の効果や副作用の予測にわたる多くの革新的な研究を支える貴重な資源となります。バイオバンクは,こうした研究の推進を支える基盤として大きな期待が寄せられています。