産科婦人科

診療科長より

私たち産科婦人科の強みは,周産期・婦人科腫瘍・生殖内分泌・ヘルスケアという産婦人科の4専門領域すべての専門医および指導医が在籍しており,それぞれの専門性を生かし高度な専門医療と最新の研究に取り組んでいる高い総合力と「すべては患者さんのために」をモットーに,チームワークで取り組んできた絆の強さと考えています。これからも女性のヘルスケアに貢献するためチーム一丸となって教育,研究,臨床に取り組んでいきます。

増山寿

産科婦人科長(周産母子センター長)増山 寿

対象疾患について

[周産期/新生児]
合併症妊娠の管理(糖尿病,高血圧,母体心疾患,腎疾患,膠原病,精神疾患など),妊娠合併症の管理(妊娠高血圧症候群,前置胎盤,常位胎盤早期剥離,多胎,前期破水,頸管無力症など),胎児異常の出生前診断と管理(心構築異常,水頭症,内臓異常など)。特に「胎児心構築異常」は全国より紹介いただいてます。
[婦人科腫瘍]
悪性腫瘍(子宮頸がん,子宮体がん,卵巣がん,外陰がん,腟がん,絨毛がんなど),良性腫瘍(子宮筋腫,卵巣のう胞など)。
[生殖内分泌]
月経の異常(無月経,子宮内膜症,多嚢胞性卵巣症候群など),不妊症,習慣流産・不育症,がん生殖医療,性同一性障害。
[女性ヘルスケア]
思春期・更年期の異常,月経前症候群(PMS/PMDD),性器の異常(子宮奇形,腟欠損症・腟閉鎖症,慢性GVHDなど),骨盤臓器脱(POP),女性アスリートのヘルスケアなど

診療内容と特色について

当科では,以下の疾患の診断および治療に,特に力を入れて取り組んでいます.
[周産期/新生児]
合併症妊娠・妊娠合併症の管理。胎児異常の出生前診断と管理。母体血を使用した胎児染色体検査(NIPT)や遺伝相談。
[婦人科腫瘍]
手術・化学療法・放射線療法による悪性腫瘍(がん)の集学的治療,日帰りの外来化学療法,傷の小さい手術(低侵襲手術;腹腔鏡,ロボットなど)。
[生殖内分泌]
習慣流産・不育症,子宮内膜症,妊孕能温存手術,がん生殖医療,性同一性障害(ジェンダーセンターのページもご参照ください)。
[女性ヘルスケア]
性器の異常に対する手術(腟欠損症に対する人工真皮を用いた造腟術,膣再建術など),月経前症候群(PMS/PMDD)。

診療科より患者の皆さまへ

産婦人科は,女性の一生涯に関わる唯一の科です。岡山大学病院産科婦人科では,患者さんに第一線の医療をご提供できるよう,日夜努力しております。周産期/新生児・婦人科腫瘍・生殖内分泌・女性ヘルスケアの各分野それぞれの専門医が,外来・入院患者さんの診療にあたると同時に医学教育,臨床・基礎研究を進めています。患者さんの立場に立ち,高度・安全・効率的な医療を提供しています。またエビデンスに基づき,カンファレンスなどで十分な検討を経た上で各患者さんの治療方針を決定しています。当科の独自ホームページ周産母子センターのページも合わせてご参照ください。