デンタルインプラントセンター

活動内容・特色について

デンタルインプラントは,虫歯や歯周病だけでなく事故による外傷,がんなど様々な理由で失われた顎の骨や歯を,必要な場合には顎骨や軟組織を増やし,人工歯根を埋め込む治療法です。岡山大学病院デンタルインプラントセンター(センター長:窪木拓男)では,クラウンブリッジ補綴科が初診と診断を担当し,咬合・義歯補綴科,口腔外科(再建系),口腔外科(病態系)の主要診療科と総合内科・総合診療科,形成外科,整形外科,歯周科,予防歯科,歯科麻酔科,歯科衛生士室,歯科技工室の協力診療科との連携により,進歩著しい本分野における世界最先端のスタンダード治療を安全に提供します。特に,条件が整えば,ガイドシステムを応用した高精度の手術をより安全に実施し,その日,もしくは翌日に仮歯を装着し,日常生活に支障が生じないよう配慮した即時修復処置を提供します。また,交通事故や腫瘍摘出手術後で広範囲(1/3顎以上)に顎骨を失われた患者さんにおいては,可能な場合にはインプラント技術を応用した保険適応の広範囲顎骨支持型装置を提供します。ご相談を希望される患者さんは,初診担当医が表の様に決まっておりますので,主治医もしくはクラウンブリッジ補綴科スタッフにご連絡ください。
 

先端治療例(インプラント手術と即時修復治療)

先端治療例0
CTとソフトウェアによる術前シミュレーションとガイド手術による高精度なインプラント体埋入手術が可能


先端治療例1
画像データからデジタル加工したサージカルガイドを用いてインプラントを埋入



インプラント埋入と同日または翌日に暫間的な歯を装着して帰宅