消化管外科

診療科長より

消化管外科では,食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門などの管腔臓器における悪性腫瘍や良性疾患および機能障害に対する外科治療を担当しています。腹腔鏡・胸腔鏡を用いた内視鏡手術を積極的に行っており,またロボット支援手術など新しい手技の導入を通して,更なる低侵襲性,機能温存,術後の早期回復を目指しています。また,手術だけでなく,内視鏡による診断・治療や,消化器がん化学療法も行っております。

藤原俊義

消化管外科長
(低侵襲治療センター長)
藤原 俊義

対象疾患について

◎食道疾患:食道がんに対する内視鏡的治療・手術・化学療法・放射線療法を行うとともに,平滑筋腫などの良性腫瘍や,逆流性食道炎・食道アカラシア・食道憩室などの良性疾患に対する手術も行っています。また,内視鏡治療の対象となる咽頭がんの治療も行っています。
◎胃疾患:胃がんや胃粘膜下腫瘍(消化管間質腫瘍(GIST)など)などに対する手術・化学療法を行うとともに,高度肥満症に対する手術も行っています。
◎大腸疾患:大腸がんや直腸がんに対する手術・化学療法・放射線療法をはじめ,小腸腫瘍(GISTなど)や炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎,クローン病など)・肛門疾患(痔核・直腸脱など)・虫垂炎などの良性疾患対する治療も行っています。

診療内容と特色について

◎食道:食道がんの手術においては,全国でも有数の症例数・治療成績を誇ります。一般的に侵襲の高い食道がん手術においても鏡視下手術や最近ではダヴィンチ手術を積極的に取り入れ,低侵襲化を目指しています。また,食道胃接合部がんに対しては,胸腔鏡と腹腔鏡を併用した独自の術式を考案し,良好な治療成績を収めています。
◎胃:胃がん症例の9割以上が腹腔鏡手術に移行し,また腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)やダヴィンチ手術支援システムを用いたロボット支援手術も行っており,低侵襲性と機能温存による体に優しい治療を目指しています。一方で,高度進行がんに対しては術前・術後の補助化学療法を含めた集学的治療により,治療成績のさらなる向上を目指しています。
◎大腸:大腸がんに対しては腹腔鏡手術を積極的に行っており,特に下部直腸がんに対しては,腹腔側と肛門側から2チームで行うハイブリッド手術を行っています。炎症性腸疾患では,比較的若年の患者さんが多いため,低侵襲性に加え,整容性にも配慮した手術を心掛けています。

診療科より患者の皆さまへ

消化管外科では,下記の通り臓器別診療体制をとっています。
・食道:白川 靖博 准教授,野間 和広 助教,田邊 俊介 助教
・胃 :藤原 俊義 教授,香川 俊輔 准教授,西﨑 正彦 講師,黒田 新士 助教,菊地 覚次 助教
・大腸:岸本 浩行 講師,寺石 文則 助教,近藤 喜太 助教,矢野 修也 助教,母里 淑子 助教 私たちは,「安全で安心な外科治療の実践」をモットーとし,各グループを超えた全体のカンファレンスにて適切な治療方針の決定を行い,きめ細やかな術前・術後管理を行うよう心掛けています。