眼科

診療科長より

当科は,大学本来の責務である学生教育のほかに,中途失明の主な原因疾患である増殖糖尿病網膜症,緑内障などを含む重篤な疾患に対する診療や,眼科専門医の養成,そして新たな治療法の開発に向けての研究に積極的に取り組んでおります。また当科では,最新型の高解像光干渉断層計など最先端の検査器械のみならず,最新の手術装置を導入しており,世界の最先端と同レベルの医療を提供しております。

白神史雄

眼科長白神 史雄

対象疾患について

1. 黄斑・網膜硝子体疾患:加齢黄斑変性に対する血管新生阻害薬硝子体内注射を行っております。網膜剥離,糖尿病網膜症,黄斑浮腫,黄斑円孔,黄斑上膜に対しても病状に応じた治療を行っております。
2. 緑内障:薬物治療,レーザー治療,手術を病状に応じて行っております。また,最新の検査手段で正確な診断と,最新の手術法で治療成績の向上に努めております。
3. 斜視・弱視:症例により最適の治療を行っております。
4. 角膜・前眼部疾患:角膜混濁や水疱性角膜症等の角膜疾患に対して,最新の技術を用いた角膜移植を行っております。
5. 眼炎症(ぶどう膜炎):分子標的治療など薬物療法を中心に症例に応じ手術を行っております。
6. 白内障:難易度の高い症例まで対応いたします。
7. ロービジョン:疾患にかかわらず,視覚障害(ロービジョン)になった患者さんに,各種拡大鏡,拡大読書器,遮光眼鏡等の視覚補助具を実際にお試しいただき選定しております。

診療内容と特色について

当科では,常に最新の診療技術を取り入れて患者さんの視覚の質の向上に努めております。当科が診療の対象としている主な疾患は,加齢黄斑変性などの黄斑疾患,網膜剥離,糖尿病網膜症,加齢黄斑変性などの網膜硝子体疾患緑内障,斜視・弱視,角膜,前眼部疾患,眼炎症疾患,ならびにその他の一般眼科疾患です。高齢化社会の現状を受け最近の傾向としては,成人とくに高齢者に特有の疾患が増加傾向にあるのが特徴です。眼科に入院をされる患者さんの90%は手術を必要としており,当院手術室における最近数年間の手術件数は眼科が常に上位にあります。手術を必要とする入院患者さんの治療方針はお一人お一人の状況に応じて,毎週行われる手術カンファレンスならびに教授,准教授による診察にて意見を出し合いながら検討を行っております。外来患者さんに関しては,教授,准教授,講師,そして専門外来医師による高度な専門的知識に基づいた医療を提供しております。

診療科より患者の皆さまへ

私たち眼科スタッフ一同は,病める患者さんに出来得る限り満足していただけるように,患者さんのニーズに合った誠実で良質な医療を目指して日々診療に取り組んでおります。また,学会発表,論文発表を積極的に行うことで,国内のみならず国外においても注目を集めるような最新の情報を発信しております。その研究成果を日常診療に反映するために,眼科スタッフ一同頑張っております。我々の使命は,日進月歩で進化をする医療の世界において常に最先端の医療を患者さんに提供することであると考えております。当科では今後も誠実で良質な医療を目指して日々一生懸命努力を行い,患者さんに安心して喜んでいただける医療の提供に精進して参ります。