遺伝カウンセリング外来

遺伝カウンセリング外来について

臨床遺伝子医療部門では“遺伝”と“遺伝性の病気”に関する疑問や悩みについて、ご相談をお受けしております。例えば以下のようなケースです。

  • 最初の子が遺伝性の病気と診断された。次に子供が生まれた場合は同じ病気になるのか。
  • 家系に同じ病気の人が多いが、自分にも遺伝するのか
  • 出生前診断について相談したい。
  • 医療機関で遺伝子検査を勧められたがどういったものなのか詳しく知りたい。
  • 遺伝性の病気と診断されたが、今後どのような生活設計をしていけばよいか。

これらはごく一部のものであり、遺伝に関するものであれば、様々なご相談内容が対象となります。ご相談は当部門で、遺伝カウンセリングとして実施させていただきます。各領域ごとに専門家の医師・遺伝カウンセラーが対応させていただきます。

遺伝カウンセリングとは?

遺伝カウンセリングは耳慣れない言葉かもしれませんが、すでに欧米では医療行為として広く行われており、日本においても定着しつつあります。遺伝カウンセリングでは遺伝性の病気について相談に来られた方(クライエント)のお話を伺いながら正確な情報提供を行います。特に以下のような点を重視しています。

  • 遺伝形式の推定と再発率(実際にその病気に罹る確率)の計算
  • 遺伝子検査の具体的な方法やメリット・デメリットの説明
  • 病気の治療方法や利用できるサービス、患者会等のご紹介

また、遺伝子検査前後の心理・社会的なサポートも遺伝カウンセリングの一環として行います。クライエントの方に遺伝や遺伝性の病気について深く考えて頂く機会を提供し、より良い選択をされよう、お手伝いをさせていただくのが当部門の役割です。

遺伝カウンセリング料(保険適用外 平成25年8月1日より)

初回 1時間まで 10,800円(5,400円)
1時間を超えるとき30分につき 5,400円(2,700円)
2回目以降 30分まで 5,400円(2,700円)
30分を超えるとき30分につき 2,700円(1,404円)

院内紹介の場合は,括弧内の料金です。
検査をする場合は別途料金が必要です。
過去に受診歴のある方でも、中断がある場合、相談内容によっては初診料金を申し受ける場合があります。

診療科・診察日

診療科 診療内容 診察日
産科婦人科 母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査(NIPT) 水曜日 午前・午後
木曜日 午前・午後
乳がん治療・再建センター 若年性・家族性乳癌外来 火曜日 午前・午後
木曜日 午後
消化管外科 家族性腫瘍(消化器全般) 金曜日 午後
小児科   水曜日 午後
皮膚科   月曜日 午前・午後

予約方法

産科婦人科

母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査(NIPT)
「FAXによる母体血胎児染色体検査(NIPT検査)予約」については,こちらをクリックしてください。

乳がん治療・再建センター(若年性・家族性乳癌外来)、消化管外科、小児科、皮膚科

母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査(NIPT)
「FAXによる母体血胎児染色体検査(NIPT検査)予約」については,こちらをクリックしてください。

  • 当院で外来受診している患者さんの予約方法
    外来受診の際に直接外来担当医にご相談下さい。
    別日の遺伝カウンセリング外来を予約致します。
  • 当院で外来受診していない患者さんの予約方法
    患者さんからの直接の予約は受け付けておりません。
    受診希望の方は、「FAX診療申込書」と「紹介状(診療情報提供書)をダウンロード後、プリントアウトして、今受診している施設の先生に提出し、予約を依頼して下さい。かかりつけ医から、下記要領により地域医療連携室にお申し込みください。
  • FAX受付時間
    平日9時から16時まで、それ以降については翌日の返事になります。
    (FAX受付時間は24時間対応)
  • 予約についての問い合わせ
    TEL:086-235-7205
    FAX:086-235-6761
  • FAX予約用紙
    下記によりダウンロード可能です。
FAX診療申込書 Excel PDF
診療情報提供書 Word PDF
診察申込書 Excel PDF

また、「診察申込書」は、当院に初めて受診する患者さんには、受診日までにご記入してお持ちいただくようお伝え下さい。