臨床遺伝子診療科 がんゲノム医療外来

がんゲノム医療外来について

がんは遺伝因子や環境因子などの様々な要因で,体の細胞の遺伝子が変化して細胞が増殖のコントロールを失ってしまう病気です。がん細胞の遺伝子に起こっている変化(病的バリアント,変異)は,患者さんひとりひとり,同じ患者さんでも細胞ごとに異なります。
岡山大学病院臨床遺伝子診療科がんゲノム医療外来では,「がん遺伝子パネル検査」を用いて,がん細胞に起きている遺伝子の変化を調べ,がんの特徴に合わせた治療法をご提示することを目指します。
 

がん遺伝子パネル検査とは

「がん遺伝子パネル検査」では,患者さんのがんの診断や治療に役立つ情報を得るために,がんにおける多数の遺伝子を,一度に解析します。解析結果は医師,薬剤師,看護師,臨床検査技師,認定遺伝カウンセラー,バイオインフォマティシャンをはじめとした多職種の専門家からなる「エキスパートパネル」といわれる様々な分野の専門家会議で議論し,治療効果が期待できる薬剤や,参加できる可能性がある臨床試験・治験の有無を含めた,最適な治療法を検討します。

 

がんゲノム医療外来の流れ


更に詳細をお知りになりたい方は,下記ページをご覧ください。
国立研究開発法人 国立がん研究センター がんゲノム情報管理センター

 

がん遺伝子パネル検査の利点と限界

がん遺伝子パネル検査を受けることで,あなたの今後の治療選択に役立つ情報が得られる可能性があります。がんにかかわる遺伝子の研究は日進月歩であり,その結果の解釈も複雑なため,専門家が最新かつ確かな情報を用いて検討します。一方でこの検査を受けても,あなたの治療選択に有用な情報が何も得られない可能性や,解析に用いた検体の品質や量によっては,解析自体が不成功に終わる可能性があります。
本検査の結果,下記の治療法の提示が可能になる場合があります。
  • 治療効果が期待できる国内で承認済みの治療薬に関する情報。
  • 治療効果が期待できる国内で臨床試験・治験に関する情報。
  • 治療効果が期待できる国内未承認,海外で承認済みあるいは臨床試験・治験に関する情報。
一方でこのようにしてあなたに適した薬剤が見つかった場合でも,以下のような場合には,あなたの治療法として選択できない場合があります。
  • 日本国内では販売が承認されていない薬剤の場合
  • あなたのがんへの適応が認められていない薬剤の場合
  • あなたが参加条件を満たさない臨床試験・治験でのみ使用されている薬剤の場合 など
この検査を受けた方のうち,検査結果に基づいた治療を受けられるのは現時点で約1割程度に留まると想定されます。現在のところ約9割の患者さんは,この検査を受けても,検査の結果がご自身の治療に直接つながらない可能性があります。
なおこの検査によって治療効果が期待できる治療薬の情報が得られた場合でも,その治療薬の効果を保証するものではありません。

 

検査後の治療について

当外来は検査外来です。
がん遺伝子パネル検査は,現在通院中の主治医の判断に必要な情報を提供するものであって,検査後の治療は現在治療を行っている主治医の判断となります。
この検査の結果が,主治医の判断よりも優先されることはありません。

 

診察日・費用について

当外来は予約制です。外来受診日は,お申込みいただいた後に,個別にご連絡を差し上げます。
外来費用や検査料金は下表ご参照ください。




 

保険適応の対象となる患者さんについて 

当院では平成27年12月より自由診療でがん遺伝子パネル検査を実施してきました。
さらに現在は「OncoGuideTM NCCオンコパネルシステム」と「FoundationOne® CDxがんゲノムプロファイル」という2種類のがん遺伝子パネル検査が保険収載され,保険診療での検査を開始しています。

保険適応の対象となる患者さんは,下記の通りです。
 1.下記のいずれかの診断を受けた方
    ・標準的な治療法が確立されていない希少がんや原発不明がんの方
    ・標準治療が終了となった,あるいは終了が見込まれる固形がんの方
2.全身状態や臓器機能等から,がん遺伝子パネル検査施行後に,化学療法の適応となる可能性が高いと主治医が判断した方 

ご自身が対象となるかどうかは,現在治療を受けられている主治医とご相談ください。
なお保険診療とは別に,
保険外診療(自費での診療)のがん遺伝子パネル検査も行っています。
 

がんゲノム医療外来の予約について

【当院で治療中の患者さん】
 現在かかっている主治医にご相談ください。
 受診されることが決まりましたら,主治医から臨床遺伝子診療科がんゲノム医療外来に申し込みます。
 申し込み完了後,受診日の調整をします。
 
当日持参していただく書類
患者さん用必要書類チェックリスト Word PDF
がんゲノム医療外来を受診される方へ
Word PDF
ご本人とご家族の病気に関する調査票 Word PDF
【当院以外で治療中の患者さん】
 患者さんからの直接の予約は受け付けておりません。
 1. 主治医に,当外来を受診希望であることをご相談ください。
 2. 主治医から当院医事課医療連携担当へFAXでお申し込みください。
 3. 申し込み完了後,受診日の調整をします。
当日持参していただく書類
患者さん用必要書類チェックリスト Word PDF
がんゲノム医療外来を受診される方へ
Word PDF
ご本人とご家族の病気に関する調査票 Word PDF

医療関係者の方へ

がんゲノム医療外来の受診を希望される場合は,「がんゲノム医療外来について」をお読みいただき,内容をご理解いただいた上で,臨床遺伝子診療科がんゲノム医療外来に受診申込をしてください。
 

がんゲノム医療外来の申込手順,ご紹介時に提出していただく各種書類のダウンロードはこちらから

遺伝カウンセリング外来について

がんの約1割は持って生まれた遺伝子の特徴(生殖細胞系列バリアント)が原因の,「遺伝性腫瘍」であることが分かっています。岡山大学病院臨床遺伝子診療科では,同一診療科内に遺伝カウンセリング外来を開設しています。遺伝性腫瘍が疑われる場合,ご不安がある場合は遺伝カウンセリング外来への受診のお薦めします。
 
遺伝カウンセリング外来HPへ