放射線科

診療科長より

私たちは画像診断(核医学検査を含む),放射線治療,インターベンショナル・ラジオロジー(IVR)と呼ばれる画像ガイド下低侵襲治療を幅広く取り扱う診療科です。最新の設備,機器を有効に利用し,それぞれの専門医が最高レベルの診療を行っております。また,疾患も多岐にわたっており,他診療科や他医療機関との連携も良好です。岡山大学病院の「向きあう,つながる,広がる」医療が,私たちの合言葉でもあります。

金澤右

放射線科長
(放射線診療品質管理室長,
放射線部長,IVRセンター長,
核医学診療室長)
金澤 右

対象疾患について

・診断/核医学:形態及び機能の異常が画像的にとらえられる全ての疾患
・放射線治療:脳腫瘍,頭頸部腫瘍,肺がん,食道がん,乳がん,甲状腺がん,胆管がん,前立腺がん,子宮頸がん,転移性骨腫瘍など
・動脈塞栓療法:肝細胞がん,大量出血など
・ラジオ波焼灼療法:肝臓がん,肺がん,腎臓がん,骨腫瘍など
・凍結療法:腎臓がん,骨腫瘍など

診療内容と特色について

当科の外来診療業務内容は臨床放射線医学のほぼ全領域をカバーするものです。単純写真ならびに断層撮影は予約不要で毎日検査が可能です。他の診断部門及び核医学検査は予約制です。IVR,放射線治療は患者紹介があった後,その適応を検討いたします。当科にはベッドもあり,IVR及び放射線治療の患者さんを中心に入院での検査,治療が行われています。アイソトープ治療患者専用病室もあり放射線内照射を施行中の患者さんはここに入室していただきます。IVRは特に肺がんに対するラジオ波焼灼術,腎臓がんに対する凍結治療を積極的に行っており全国から患者さんを受け入れています。陽子線治療の治療前の準備,診察,津山中央病院への紹介を行います。適応のご相談について主治医の先生からメール(topbeam@okayama-u.ac.jp)をお受けしております。

診療科より患者の皆さまへ

IVR外来:専門外来を毎日午前中に行っており,全国から患者さんが紹介されてきます。初診の患者さんにつきましては総合患者支援センター(地域医療連携室,電話(086)235-7205,FAX(086)235-6761,http://www.okayama-u.ac.jp/user/hospital/index81.html)経由で紹介状に依頼検査,治療内容を明記していただければ対応いたします。

放射線治療・陽子線外来:院外からのご紹介は大変お手数ですが,総合患者支援センター(地域医療連携室)経由で受診をお願いいたします。