小児歯科

診療科長より

小児歯科では、乳幼児から思春期までの方を対象として,歯科疾患の予防と治療を行うことにより,健全な口腔の育成を目指しています。また,小児歯科では,「母と子の歯科外来」を設立し,当科に通院中あるいは入院中のお子さんの保護者の方がお子さんと一緒に受診できるようになりました。親子で健やかなお口の環境を整えて行くことを目指しています。

仲野道代

小児歯科長仲野 道代

対象疾患について

健全な口腔を育成していく上で障害となる異常の早期発見に努め,その治療を行うとともに,新たな問題の発生を防ぐための予防的なアプローチを行います。日本小児歯科学会専門医および専門医指導医を含む歯科医師が,それぞれの方のニーズに応じて治療にあたっています。
乳幼児から小児期・思春期にわたる以下の疾患に対する治療を行っています。

  • むし歯や歯周病の予防管理
  • 外傷で歯に損傷がある場合の治療ならびにフォローアップ
  • 乳歯が残っている時期の,歯並び,咬み合わせの管理
  • 埋伏歯・歯の先天欠如
  • 形成不全歯
  • 全身疾患を有する小児の包括的な口腔内管理
  • 心身発達障がい児の歯科治療

診療内容と特色について

小児歯科では,乳幼児から小児期・思春期の方を対象として,様々な疾患に対する治療を行っています。歯科治療への恐怖心が強いお子さんや歯科治療上配慮が必要な全身疾患を有するお子さんに対しての治療も行っています。また,乳幼児期からのむし歯予防は,健全な口腔内環境を形成するためにも非常に重要であり,保護者の方への口腔衛生指導も重点的に行っています。そこで現在は,当科に通院中のお子さんの保護者の方に限り,お子さんと一緒に小児歯科で治療を受けることができます。親子で健全な口腔内環境を作って行きましょう。治療終了後には,定期検診を思春期まで継続していくことにより,新たなむし歯や歯周炎の早期発見・早期治療に努めています。さらに成長発育期に認められる歯列不正に関する診査・診断も行っています。必要に応じて,他の専門の歯科診療科に紹介することや,小児科など医科と連携する場合もあります。

診療科より患者の皆さまへ

乳幼児から小児期・思春期にわたって生じたむし歯や歯周病をはじめとした様々な問題に対してそれぞれの方にあった治療計画を立て,よりよい歯科治療を実践していくことを心がけています。また,心身障がい又は歯科治療に対して不安があり,他院では十分な治療を行えないお子さんへの対応も行っています。
治療が進まないなどの悩みがある方はぜひ一度ご相談ください。

パンフレットダウンロードPDF