認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センター

活動内容・特色について

高度な鑑別診断や薬物治療の方針を決定し,かかりつけ医をサポートします。また,認知症患者さんの問題行動や合併する身体疾患に関しては,入院加療や適切な医療機関の紹介を行います。さらに,介護者や家族への教育活動や一般市民への啓発活動に努めます。
金澤右病院長をセンター長,脳神経内科の阿部康二教授と精神科神経科の山田了士教授を副センター長として運営に当たっています。相談窓口は,総合患者支援センター内に設置されています。
主に,脳神経内科および精神科神経科において認知症の鑑別診断や治療に関する診療を行っています。一部の認知症疾患については,脳神経外科でも対応しています。また,早期診断や高度な鑑別診断だけでなく,適切な入院機関の紹介や認知症に関する啓発活動,新薬の臨床試験にも努めています。