医療支援歯科治療部

医療支援歯科治療部

活動内容・特色について

医療支援歯科治療部は,高度医療支援歯科部門と周術期歯科部門からなり,医科系診療科と連携し,岡山大学病院が展開する臓器移植医療,がん医療などの高度な医療の提供にあたって必要な歯科治療・口腔内の管理を行っています。 高度医療支援歯科部門は,主に臓器移植医療やがん化学療法での口腔内管理を担います。周術期歯科部門は周術期管理センター歯科部門の業務を主とします。
実際の運営は上記両部門の境界なく,例えばがん医療であれば,術前化学療法~手術~術後化学療法といった一連の流れに一貫性をもって対応できるようにしています。医科診療と密接に連携し,医科患者の状況に対応した専門的な歯科支援を行います。
主な業務は,易感染状態を伴う医科治療前,治療中の口腔内感染巣の除去,減感染,医科治療で口腔に随伴する副作用等への対応,機能回復,経口栄養摂取のサポートなどです。

パンフレットダウンロードPDF