薬剤部

診療科長より

「医薬品のプロフェッショナル集団として,病院内における医薬品のあらゆる問題に責任を持つ」を念頭に置き,安全かつ良質な薬物療法の推進に努めています。薬剤部は調剤室,薬品管理室,麻薬管理室,製剤室,医薬品情報室,薬剤管理指導室,外来薬剤業務管理室,試験研究室,治験管理室,臨床試験支援室から成り立っています。これらはお互いに連携し業務の効率化を図っています。

薬剤部長 千堂 年昭

対象疾患について

薬剤部では積極的にチーム医療に取り組んでいます。薬剤部職員は,各病棟に配属され,病棟業務を通じて安全で有効な薬物療法に貢献し,専門性を活かした「チーム医療」に参画しています。 また,外来においてもがん化学療法の有効性・安全性をより高いものとするため,がん化学療法チームに薬剤師が積極的に関わっています。このように薬剤部だけではなく他の医療スタッフと協力し有効で安全な薬物治療を実践することは良質な医療を行う基本です。
また,患者さんへの適正な薬物療法を念頭においた臨床薬剤学的研究,さらに医・歯・看護学生への基礎・臨床薬理学教育,薬学生に対する臨床実務実習・大学院生への臨床薬理学・医療薬学教育を行っています。